人材教育『期待される管理者となるために』 

皆さんこんにちは!『寺子屋ラッキー』と申します。職場生活で多少なりともお役に立つと思える事柄を、人を中心に申し上げていきます。よろしければお付き合いください。

『管理者研修講師』 (77) 「より良きリーダーの条件とは」 

ID:8559fx




 こんにちは。組織には様々な役割を持った人がいます。組織ですから管理者をはじめとするリーダーが当然います。いつの時代のリーダーも組織にとっては大事な役割を担っています。 そのため、より良きリーダーを目指してリーダー研修を受けたり、講演会に出席したりしている方もこれまでには少なくありませんでした。
 ただ、新型コロナに揺れるこのご時世を勘案すると、現在は書籍・ネットを活用し自学自習されていることでしょう。
 今回は「より良きリーダーの条件」にスポットを当て三つに絞り申し上げてみたいと思います。


1.明確なビジョンを持っている
  ビジョンは組織にとって大切なものですが、漠然としていてはいつまで経ってもビジ
 ョンのままで終わってしまうことが考えられます。ビジョンを明確にすることで職場メ
 ンバーのモチベーションも上がり、組織の成長へと繋げることができます。明確なビジ
 ョンを掲げることは、リーダーとして最初の役割と言っても過言ではないでしょう。


2.良い人間関係を築ける
  組織を引っ張っていく人間として、部下・上司と良い人間関係を築いていくことも大
 切な役割の一つです。信頼まではいかなくても信用関係があるからこそ、部下もパート
 ナーとして一緒についてきてくれるものです。信用関係を築くには、普段から積極的に
 コミュニケーションを取っていく必要があります。 


  コミュニケーションの取り方にもいろいろとあります。管理者はリーダーとしての考
 え方を伝えるだけでなく、部下の意見を聴くといった姿勢が求められます。
  リーダーからの一方通行ではなく、部下の意見にもしっかりと耳を傾ける双方向コミ
 ュニケーション(情報の共有化)を図り、良い人間関係の職場を築くことが期待できま
 す。


3.失敗を恐れない
  大半の人は失敗を恐れてしまいがちです。サラリーマンですからこれまた当然のこと
 です。そのため、能力を思う存分試すことができずにいる場合もあるでしょう。同じ失
 敗ばかりを繰り返すようではいけません。しかし、「ピンチはチャンス」というように
 失敗の仕方によっては、成長のチャンスと捉えることができます。
 
  マイナスのイメージだけを持つのではなく、プラスに変換することも肝要です。部下
 が挑戦してみようと思えるような雰囲気を職場に醸成することもリーダーの役割であ
 り、広義の「OJT」の一つです。
  ただし、テレワークを実施している会社にはマッチしない世相であり、OJT実施の
 責務のある管理者には難しい時代になってきているようです。
  では、また。ありがとうございました。



❒ 研修講師 『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に向かって挑戦しよう ‼」)