社員教育『期待される管理者』

皆さんこんにちは!『寺子屋ラッキー』と申します。職場生活で多少なりともお役に立つと思える事柄を、人を中心に申し上げていきます。よろしければお付き合いください。

『社員教育』 (83) 「自己実現を図る 凡事徹底のすすめ」

ID:8559fx


 こんにちは。昼休みをおくつろぎですか?


 あなたは生活信条をお持ちだと思います。私の場合は元高校教諭であった先生の造語『凡事徹底』を若い頃からの「生活信条」としています。
 凡事というのは、平凡な事当たり前な事でもその気になりさえすれば誰でもできるという意味です。次に徹底という言葉ですが、俗にいう身に付くということです。言葉を変えると「習慣化」するともいえます。


 仕事をする場合でも、その能力を意識して行うのではなく「無意識」のうちに行動化できるまで身に付けるという意味です。業種によっては仕事が高度専門化している現在、サラリーマンがベテランの域に達するのは、実際に行うとなると容易なことではありません。
 しかし、人はあくまでも「仕事」を通して<潜在能力>が引き出され伸びていきます。換言すれば、仕事が『人を育てる』のです。


 一般的な組織に非凡な人材は必要ありません。凡人をして『非凡』なる働きをなさしめるのが<組織>であり、そのメリットが発揮されます。
 「凡人」とは凡事を徹底できる人のことです。自動車運転でいえばアクセルやハンドルを意識して操作しているのはまだ初心者です。無意識でも安全運転できるまでになった状態を徹底といいます。
 その点、あなたはご自分の仕事について凡事を徹底させて取り組んでおいででしょうか。数多いサラリーマンの中には理由はともかく、凡事不徹底という人もいることでしょう。


 ですがプロサラリーマンとして生き残るには、〝定年〟まで担当業務の徹底化を図る必要があるでしょう。このことは入社した当時〝素人〟だったあなたの上司だけでなく、御社のトップも例外ではないと拝察します。

 <サラリーマン哲学>は人それぞれに異なっても「継続は力なり」です。あなたにとっての『自己実現』を図るべく凡事を徹底なさって下さい。


 明日以降は別として今日も気持ちの良い陽気です。勝ち組企業はあるものの、経営環境は依然として低迷しており「本日天気晴朗ナレドモ波高シ」(前述秋山真之当時中佐の名言)に変わりありません。

 では、健康管理に留意して担当業務にお励み下さい。ありがとうございました。



❒ 社員教育講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に向かって挑戦しよう ‼ 」)