社員教育『期待される管理者』

皆さんこんにちは!『寺子屋ラッキー』と申します。職場生活で多少なりともお役に立つと思える事柄を、人を中心に申し上げていきます。よろしければお付き合いください。

『社員教育』 (番外 7) 「部下の性格に合わせて信頼関係をつくる」

ID:8559fx


 部下との信頼関係は、円滑な会社経営をする上でとても大切なものです。信頼関係を築くために努力や気遣いも必要ですが、部下の性格やタイプに合わせて効果的に信頼関係を築いてみてはいかがでしょうか。


1.物事に対して率直に関わるタイプ
  プライベートや仕事など何事に対しても率直に関わってくる部下に対しては、率直なコ
 ミュニケーションが効果的です。こうした性格の部下は、目標達成に向けて議論や率直な
 対話をしてくれる相手を信頼しやすい傾向があります。
  目標に向かうための多少の厳しいフィードバックや高いリクエストを意気に感じ、仕事 
 を任されることによって自分は信頼されていると実感しお互いの信頼関係が築かれます。


2.サポートにやりがいを感じるタイプ
  部下を信頼して仕事を任せているからといって口を出さないままだと、部下からは放任
 や無関心といった受け取り方をされる場合があります。そのため時には少し口を出し、コ
 ミュニケーションをとることが大切です。


  仕事がうまくいっている時はまめに承認したり、うまくいっていない時は時間をかけた
 りしてゆっくり話を聞くように意識しましょう。そうすることで、いつも気にかけている
 ということが伝わり信頼関係へと繋がります。


3.自由を大事にするタイプ
  こちらのタイプも仕事を任されることでやりがいを感じて信頼関係が築きやすいタイプ
 です。反面、自分が持つビジョンに対しては、自分なりの方法や考えで進んでいきたいと
 思う性格でもあります。自由に進みたいという考え方に対して止めることや否定をしない
 ことも大切です。


  軌道修正を必要とする場合は、ビジョンを示してそこから逆算して改善点を示すほうが
 効果的です。こうしたサポートやその行動に対しての影響力を認めることで信頼関係が築
 きやすくなります。
  部下と信頼関係を築くためにはコミュニケーション能力も必要です。     以 上



❒ 社員教育講師『人材教育研究所』(「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に向かって挑戦しよう ‼」)