社員教育『期待される管理者』

皆さんこんにちは!『寺子屋ラッキー』と申します。職場生活で多少なりともお役に立つと思える事柄を、人を中心に申し上げていきます。よろしければお付き合いください。

『社員教育』 (110) 「会社経営では 縁の下の部署にも 陽が射す機会の配慮を」

ID:8559fx


 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。


 正月に大手通販の無料ビデオ「ノルマンディー(将軍アイゼンハワーの決断)」の連合国遠征軍最高司令官アイゼンハワー大将(後の米国第37代大統領)を見ていてかつてご指導頂いた某先生のお話を思い出しました。今回もおぼろげな記憶での受け売りです。


 昭和39年日本でもお披露目されたフランスのルーヴル美術館所蔵のミロのヴィーナス像は教科書であなたもご存知のことでしょう。ミロのヴィーナス像は世界で最も有名なバランスの取れた彫像です。あのヴィーナス像が実はもう一体あった。
 ミロ島で発掘されたミロのヴィーナス像はルーヴル美術館に所蔵されもう一体はドイツの貴族が所持していた。第二次大戦中連合軍の猛爆撃でもしこの偉大な美術品が破壊されては大変だと、地中深く掘りそこにヴィーナス像を埋めた。


 戦争が終わり平和が回復した。もう大丈夫だと判断した貴族はこの宝物を掘り起こしてオークションにかけた。何しろヴィーナス像である。とても個人が競り落とせる価格ではない。結局アメリカ政府が買取メトロポリタン美術館にこれを収めることになった。聞きつけた新聞社がいくら騒いでも記事は掲載させても写真は撮らせなかった。
 やがてお披露目の日時が決まった。それでも写真撮影は除幕式まで許可が下りなかった。


 いよいよ除幕式の当日がきた。会場の右端から左端の隅までヴィーナス像の前を通ってズーッとカーテンが張ってある。大勢の人がそのパーティーに集まってきている。開式となり各界名士が次々と来賓祝辞を述べる。
 式次第に沿って一通り挨拶が済むといよいよカーテンのテープカットとなる。テープをカットしてカーテンがフワ―ッと開くと、燦然(さんぜん)としたヴィーナス像が表れる段取りとなっていた。


 司会者がスタンドマイクの前に立ちその日の主役を紹介する。「これから除幕式を行います。本日の光栄あるこのカーテンのテープカットは〇〇婦人にお願いいたします」と言った。来賓者はいずれもが「ハテ(?)聞いたことのない名前だが一体誰だろう」と顔を見合わせる。
 すると一人の還暦も過ぎ60歳半ばと思われる女性が立ち上がる。いかにも質素な服を着た太ったご婦人である。


 司会者は紹介を続ける。「この方が〇〇婦人でございます。今日までの35年間このメトロポリタンミュージアムに清掃担当として勤務し毎日毎日一生懸命掃除をして頂いたお陰で、我がミュージアムはこんなにも綺麗になっております。と、すれば、本日の光栄あるこの<ヴィーナス像>のテープカットの大役は〇〇さんをおいてはいらっしゃいません」


 司会者が言い終えるやワァーッと歓声が沸き起こり拍手の嵐となって会場中に響き渡った。この日の主人公である彼女は感激のあまり涙を流している。アイゼンハワー大統領当時のことである。アイゼンハワーも出席していたが、大統領自身も目頭を指で押さえていた。


 やがて彼女は司会者にエスコートされ一歩一歩確かめるようにテープカットの場所へと近づいていく。司会者の合図でカーテンの紐をパット切ると、サァーッとカーテンが左右に分かれ燦然たる実に見事なヴィーナス像がその姿を現したそうです。


 樹木には表と裏があるように法隆寺を始めとする古来日本建築ではそれぞれの長所を生かして材木が使われているそうです。
 企業にも表部門と裏部門とがあります。企業が永続発展するには、表部門が企業の顔だとすれば裏部門も支えています。ここでの婦人と同じく日陰でコツコツ・コツと働いている人にも陽が射す機会の付与を、せめて『言葉』だけでも<血の通うマネジメント>を各階層共リーダーには期待したいですね。


 最後に、あなたの担当業務が『主務者意識』旺盛なあなたの職場復帰を首を長~くして待っていることでしょう。米国映画『カサブランカ』での主演ハンフリーボガードがヒロイン・イングリッド・バーグマンへの名セリフではないが、たとえ今晩のことでも「そんな先のことはわからない」ものです。
 それでも、大方の企業の令和3年度本決算月に当たる次の<Port of call>3月末目指して今年も仕事にお励み下さい。新年早々お立ち寄り頂きありがとうございました。



❒ 社員教育講師『人材教育研究所』(「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に向かって挑戦しよう ‼」)