社員教育『期待される管理者』

皆さんこんにちは!『寺子屋ラッキー』と申します。職場生活で多少なりともお役に立つと思える事柄を、人を中心に申し上げていきます。よろしければお付き合いください。

『管理者教育』 (162) 「部下の言動を改めさせる 注意の仕方3ポイント」 (その2)

ID:8559fx


 こんにちは。前回に続けます。


1.人間は感情の動物
  昔から「盗人にも三分の理」、「一寸の虫にも五分の魂」と言う。いわんや部下であれ
 ば言い分もあるはずです。たとえば、
 「課長はそうおっしゃいますが、失礼ながら、どうも私とは価値観が違うように思えま
 す」と、反論してくることもあるでしょう。
  だからといって、「何を小癪な片腹痛い!」とねじ伏せては遺恨が残るでしょう。
  
  人間は理性(30%)、感情(70%)といわれる「感情の動物」です。部下には先入観をも
 たずに油断せず、用心深く注意することが大切です。


2.相手の人格尊重 への配慮  
  最近の若い人たちは「昔に比べると極めて怒りっぽくなった」と言われるのを耳にする
 ことがある。若者の多くは注意された内容より、注意のされ方についてこだわるのであ
 り、スマホ・SNSの時代になってから始まったことではありません。


  「俺は上司だ、お前は部下だ」という高飛車な上から目線でのものの言い方ではなく、
 できれば同じレベルに立って話すことです。
 「自慢じゃないが私だって失敗し始末書を提出したのは四回・五回じゃきかないさ。だか
 ら偉そうなことは言えないが、君なら私の気持ちが分かってくれると信じているし、君の
 将来を考えた場合やはり言うべきことは言わなきゃいけないと思ってね」と、いうくらい
 の気持ちが部下に受け入れられるポイントとも言えます。


  実際には〝眉間にしわ寄せ〟怒りたくなる場合もあるものですが、冷静な注意は「良薬 
 薬」だが感情的注意は「毒薬」ともなるので気をつけましょう。そうでないと、注意の目
 的(改めさせる)を達成することは難しいものです。


3.他人とは比較しない
  人間は<自尊心の塊>です。部下が所帯持ちの場合、家へ帰れば立派な「一国一城の
 主」である。身近な他人と比較することは、当人の反感を買う元です。〝比較注意〟する
 ことはたとえ事実ではあっても、自分の奥さんの前で親友の奥さんを引き合いに出すのと
 同じで好ましくありません。子供を叱る時でも同じです。


  したがって、部下には出来れば当人の過去と比較することです。
 「君が転勤してきた当時はあれほど前向きに仕事に取り組んでいたじゃないか。あの頑張
 りを忘れたのかネ」といったように、本人を奮起させ激励する言い方を工夫したいもので
 す。


  注意を柔らかくし相手の自尊心を守るためには、次のような<>内の言葉を添えるこ
 とも効果的でしょう。


 〇 「君は、あるいは<知らなかった>かもしれないが、実はこの件については・・・・・・」
 〇 「日頃慎重な<君にしては珍しい>ミスだと思うが、・・・・・・」  
 〇 「今回の出来事は、几帳面な君に<似合わぬこと>だと実は驚いていたんだ。・・・・・」


 同じ言うのでも上記の<>内の言葉が相手に対する気配りや人格尊重を表している。また、『窮鼠猫を噛む』とも言います。相手を追い詰めずに逃げ道(弁解の余地)を与えていると考えてもよいでしょう。部下は上司の一言で救われることがあればダメになることもあります。


 諺に「口で貶(けな)して心で褒める」がある。職場マネジメントの人の側面『部下指導・育成』の観点からは、口をついて出る言葉は否定的であっても〝心の在り方〟は出来れば肯定的でありたいものです。前にも例示して申し上げたことですが、これを「否定の肯定」と言います。相手の性格・経験度など「部下の条件」を勘案し部下毎に使い分けることが大事です。
 また、テレワークの拡大が推奨されている現在、非対面職場となると「使用上の注意」が必要でしょう。賢明なあなたは一般担当者だった当時を想い起してお考え下さい。


 では、昼休みをおくつろぎ下さい。ありがとうございました。



❒ 管理者教育講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に向かって挑戦しよう ‼」)