社員教育『期待される管理者』

皆さんこんにちは!『寺子屋ラッキー』と申します。職場生活で多少なりともお役に立つと思える事柄を、人を中心に申し上げていきます。よろしければお付き合いください。

『話し方教育』 (175) 「厳しいご時世だからこそ ユーモアを解せる 心のユトリを」 (その1)

ID:8559fx


 こんにちは。


 さて、人を説得するには、怒りと泣きと笑いとでは、どれが効果的でしょう。怒鳴ったり脅したりする手は、あまり策がないように思える。子供に嫌われる親父、部下に〝総スカン〟を食った昭和時代の管理者にはいたと聞く。


 泣き落としは昔から使ってきた手です。大の男でも選挙に立候補すると、涙を絞って有権者の同情に訴える。だが、もっぱらお涙頂戴式の拝み倒しというのは、現在ではいかにも古いように思える。


 その点、戦後強くなったのは女性とストッキングだといわれた時期があった。女性が「職場の花」ともてはやされた当時は、上司に叱られた女性社員が給湯室で一人涙ぐんでいた姿を見かけたことがある。その後男女機会均等法が施行され女性が社会進出してからは女性が泣いているところを見たことがない。身近な女性を見ていてもやはり心身共に強くなっているように思える。
 逆に若手男性社員が、女性社員から慰められている光景は見たことがある。


 「笑う角には福来る」という。江戸の商人がお多福や七福神を飾って先客万来を願ったのも笑顔の価値を知っていたからでしょう。笑顔は沈黙のうちに相手の心を温め冷たい心の氷壁を溶かし、説得への路線を開いてくれる。やはり笑顔が一番良いのでしょう。


 ところで、全て人間の筋肉は動かすものは発達し、使わない筋肉は段々と衰えていく。
笑う筋肉が発達すると、表情が明るく活発になって人を惹きつける魅力が生まれます。
 あなたも会社のトイレや自宅でマスクを外し鏡を見て笑うことです。そのときの笑った顔で怒鳴るマネをしてみましょう。多分できないことがお分かりになると思います。


 であるならば、いつでしたか「外面で内面を律しよう」とお話したように、笑顔を作ることによって、怒りや悲しみの気持ちを切り替えることができるはずです。「悲しいから泣くのではない。泣くから悲しいのだ」という名言もあります。


 哲学者カントも「明るい表情が 明るい精神を形作る」ことを強調し、笑いを習慣づけるようにと教えている。全然笑いのない会話ほど味気ないものはありません。なごやかな雰囲気作りに笑いは欠かせない要素です。
 といっても〝くすぐり〟を入れるのではなく、ユーモアとかウイットと呼ばれる種類の「上品な笑い」が欲しいものです。ただし、簡単なことではありませんが。(続く)


 では、昼休みをユックリとお楽しみください。ありがとうございました。



❒ 話し方教育講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
向かって挑戦しよう ‼」)