社員教育『期待される管理者』

皆さんこんにちは!『寺子屋ラッキー』と申します。職場生活で多少なりともお役に立つと思える事柄を、人を中心に申し上げていきます。よろしければお付き合いください。

『話し方教育』 (168) 「話し方の秘訣は 話し手の内面的態度にあり」

ID:8559fx

 
 こんにちは。当ブログで採り上げている「話し方」とは話術・雄弁術の類ではなく、主として<コミュニケーション>の方法としての「話し方」および「聞き方」です。従って、狙いが一般のものとはチョッと違うかもしれません。


 紀元前300年頃のギリシャにデモスデネスという人がいました。この人は「雄弁術の神様」といわれた人です。そのデモスデネスのところへある時一人の男が雄弁術、つまり「話し方の秘訣」を教わりたく遥々(はるばる)と訪ねてきた。


 その人はデモスデネスに向かって「雄弁術の秘訣は何でしょうか?」と訊くと、デモスデネスは「それは何よりもまず自分の<態度>に気をつけることです」と答えた。


「なるほどそうですか。ハイそのことはよく分かりましたが、その次は何でしょうか?」


「それは<態度>に気をつけることです」と、再度答えました。それを聞いたその人は心の中で、気の毒にデモスデネスは耳が不自由らしい、と思ってその場を立ち去ったという話が残っています。


 一般に話し方というと、すぐに話術・雄弁術といわれるような技術だけを連想しがちです。しかし本当の話し方の極意<真髄>は何といってもその人の心構え、「態度(内面的)」にあるということに彼は気がつかなかったわけです。
 因みに大勢を前にしての話では、その時間が長く(30分以上)なるにつれ、不思議とその話し手の『人間性』が、良きにつけ悪しきにつけ表れてくるものです。あなたのお考えはいかがでしょう? 今回もご覧いただきありがとうございました。



❒ 話し方教育講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に向かって挑戦しよう ‼」)