社員教育『期待される管理者』

皆さんこんにちは!『寺子屋ラッキー』と申します。職場生活で多少なりともお役に立つと思える事柄を、人を中心に申し上げていきます。よろしければお付き合いください。

『話し方教育』 (91) 「話すことと聞くことは 表裏一体で」

ID:8559fx


 こんばんは。人が自分の考えを理解・納得させ、相手を動かす目的の話し方を説得と言います。ビジネス現場での依頼・交渉とか商談では、対談形式で行なわれることが多いでしょう。


 対談は目の前に相手がいる。基本的には一対一のパーソナルコミュニケーションです。心の距離を近づけるには、マンツーマンの対談が一番の近道です。
 その点、改まった席上でのスピーチは大勢の人が相手ですから、どうしても裃(かみしも)を着けた調子になりやすい。そのため、親近感が深まりません。


 対談は、話し手と聞き手の共同作業です。一方だけがしゃべりまくっては聞き手に飽きられます。話すことと聞くことは表裏一体でなければなりません。これは恋人同士がデートする場合であっても同じです。
 ですが相手が怒ったり悲しんだり興奮したりしている時は、聞き手に回るべきでしょう。これがお客さまからの苦情処理のコツです。
 今回はここまでとしタイトルを替え次回に続けます。ありがとうございました。



❒ 話し方教育講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に向かって挑戦しよう ‼」)