『ブログ 社員教育講師』

皆さんこんにちは!『寺子屋ラッキー』と申します。職場生活で多少なりともお役に立つと思える事柄を、人を中心に申し上げていきます。よろしければお付き合いください。

『管理者研修』  (317) 「人を動かすスキルは 人の本性を理解してこそ 技能となる」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 おはようございます。


 さて、私たち人間の<心>は、まことに弱いものです。組織人は課せられた責任を果たせなかったり目標を達成できなかったり、あるいは何かで失敗したりした時にはなかなかそのことを素直に認めるということをしたがらないものです。
 何故ならそれを認めるということは、『自己保身』を図る上での障害になるだけでなく、自分の能力の低さを認めることになるため耐えられないのです。また、自己の内に不思議と沸き起こるあの厄介な<プライド>が許しません。


 そのような時、人は何かと口実を設けることで自分の精神的な苦痛から逃れます。
 つまり、「自己保身」を図ることが、普通の人間の<心理>です。こうしたことは職場でも見かけることでしょう。例えば、


 〇 自分の能力が低いのは俺(あたし)の責任ではない。会社や上司が教えてくれない
  からだ。
 〇 他社のセールスマンに負けるのは会社が新商(製)品開発に着手しないからだ。
 〇 自己啓発できないのは時間や自己投資のお金がないからだ。


 など、あれこれと「合理化」する人もいます。


 しかし、このような合理化は反対したいものです。こうしたことで何か自分の本心をごまかす(合理化する)ことで気持ちを静めあるいは安定させるということは、ある意味では「心の慰め」になるでしょう。ですがそれは一時の気休めにはなっても決して『問題解決』にはなりません。


 とはいっても人間です。自分を守るための「弁解」が自然と出てくるのは、いかんともしがたいものです。こうしたことはどこの職場にもあることではないでしょうか。
 問題は他人のせいにしたり非難したりするような態度を取る人がどこの世界にも昔からいることです。


 ですから何はともあれ陳謝する人なら許せても、終始言い訳する人は相手から「見苦しいぞ ‼」と受け取られ、却って悪い印象を与えることがあります。プロビジネスマンを目指すのであればできれば避けたい「態度」であり気を付けたいものだと考えます。
 仮に釈明すべき点があれば、時間をおき機会を改めることも必要でしょう。


 つまり私が申し上げる『合理化反対』とは、仕事の面や人間関係など色々な場面で一々「言い訳」がましいことや「弁解」をして責任のなすりあいや責任逃れをするような態度をとらないようにしようということです。


 言い訳も時によりけりとはいえ、こうした<合理化>は〝できれば〟しないで済ませたいものです。また『人を動かす』スキルは、こうした<人の本性>を理解してこそ<技能>となることを念頭に置く必要があると考えます。加えてより良い『職場風土』を形成するためにも職場リーダーは、マネジメント活動に当たって頂きたいと思います。ありがとうございました。



❒ 管理者研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
 向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『社員研修』 (192) (続)「会議では 批判恐れず 体当たり」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 おはようございます。ここで取り上げていることは、『実践的話し方研修』の範疇に含まれる内容です。しかし当ブログでは、三つあるカテゴリ別の厳密な使い分けをしていません。この先も変わりませんので、念のためお断りしておきます。


 さて、会議で発言するときは次の五つを意識してみて下さい。


 第一は、聞き手の反感を招かないこと。
 突如思いがけない提案をパット出し、聞き手にショックを与えて悦に入っている方がおいでですが、これでは参加メンバーの<同意>を得ることは難しいでしょう。聞き手の知っていることからあなたの提案を導入していった方が受け入れ易いものです。自分本位の知識や情報を自慢げに語ると、どんなに良い提案であっても他の人の<反感>を買うものです。


 第二は、提案を具体的に述べること。
 抽象論では、いたずらに議論の種をまくだけで、時間の浪費となる。よく会議が混乱するのは、抽象論のやりとりが多いからです。したがって、明かな「事実」を挙げる必要があります。その他、間違いのない統計数字を示すのもよいでしょう。
 事実や統計数字を示すことによってあなたの提案はハッキリと聞き手の頭に入っていく。その事実や統計数字があいまいであればあるほど、あなたの提案の価値は薄れていくものです。


 第三は、話しの焦点を絞って順序良く簡潔に述べること。
 同じことをクドクドと話さず、話しを枝葉末節へそらさない。そのためには主張点を明確に打ち出し、要領よく手短に話すことです。
 限られた会議時間の中では、発言時間が短いほどあなたは好意をもたれることでしょう。好意をもたれなければ、どんなに立派な提案もスンナリとは通らないように思えます。


 そこで、主張点をハッキリ先に述べ、あとからその理由を説明するという話しの順序を踏むことです。
「私の提案はこうです。その理由は二つあります。その第一は・・・・・・、第二は・・・・・・」といったふうに。


 第四は、スッキリと話しを組み立てること。
 提案理由をわかりやすく理解しやすくさせるため、説明する際は次のように話を組み立てます。 
  1.どこに問題があるかを述べる。(現状分析)
  2.改善する提案の狙いを述べる。
  3.実際にできる具体策を述べる。
 こうした三段構えで説明すると話しはスッキリしてきます。


 第五は、タイミングを選ぶこと。
 他人の提案とにらみ合わせ、会議の進行にうまく合わせて提案を持ち出すことです。何事にもタイミングが大事。提案を出す潮時を考えないと『損』をします。
 上手な提案者はみんなの考えがその一点に向かって集まってきたとき、有効なヒットを飛ばします。以下タイトルを替え続けます。


 では、良い週末をお過ごし下さい。ありがとうございました。



❒ 社員研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『社員研修』 (191) 「会議では 批判恐れず 体当たり」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 おはようございます。2月最後の更新となります。


 さて、普段おしゃべりな人が大勢の前での話しとなると、結婚披露宴での「テーブルスピーチ」と同じく改まった席での発言を敬遠したがる人は多いものです。人の心理からは当然のことでしょう。
 しかし、これからのサラリーマンは相手が何人いようと、一時に自分の意思を表明する努力は必要でしょう。その一つに会議があります。


 社内会議は伝達会議をはじめその種類にもより一概には言えないものの、発言する人は限られており、あとは〝借りてきた猫〟のようにひっそりとしているダンマリ会議はどこの職場でも見かけるといってもこれまた過言ではないでしょう。これは「出る杭は打たれる」といったマイナス体験がトラウマ(trauma)となっているのかもしれません。


 また会議の性格にもよりますが、無視されるのではないか、批判・反発されるのではないかという「目に見えない恐れ」も一因しているようにも思えます。そのため、会議が終わった後で「何であの時発言しなかったのだろう。これだから俺(あたし)ってダメなんだよナー」と、忸怩たる思いにかられることは誰にでもあることで珍しいことではありません。普通です。


 しかし、会議メンバーとして出席することは本来、自由に発言する<権利>があると同時に積極的に発言する<義務>もあるのです。
 あなたが会議に出席したときに何の発言もせず〝並び大名〟では、会議メンバーとしての役割を果たせず、自分を周囲に認めさせることはできません。
 そのためには、参加メンバーに聞いてもらう<気配り・努力・勇気>が必要となります。
また、あなたに提案があるときはサッと手を上げて発言の〝タイミング〟を逃さないことです。
 そこで次回は『実践的話し方研修』の観点から発言するときに意識したいことを分けて申します。(続く)


 では、3月入りしお手すきの時にまたお立ち寄りください。ありがとうございました。


❒ 社員研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『管理者研修』  (316) 「叱り上手な上司になる前に 叱られ上手な部下になろう」

                         『タイトル2文字修正 再投稿』


【2024年2月26日投稿分】


ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 おはようございます。今日は日本史テストで「酷く寒い日2・26」と語呂合わせで記憶した「1936年雪の2・26事件」があった日です。重臣が暗殺され首相官邸・警視庁・NHKなどが占拠されたクーデター未遂事件が、降雪の跡が残る午前4時ころに起きたためこのように言われる。背景には当時の農村が疲弊し子供の人身売買があったと伝わっている。
 今年に入ってからも暖冬が続く中、今日の歴史的事件が頭を離れず、晩冬が予想されるため陽気は油断できないと申した次第です。


 ここでは<政治・宗教・思想>から離れた「情報提供力」についての社員研修用持ちネタがあります。しかし、SNSのご時世の「話題」としては時代背景よりもテーマを裏打ちする話材自体がいかにも古いため、今回の<テーマ・タイトル>は変えることとしました。


 ときに、最近の報道では叱責に起因する事件が懲戒処分の対象になったことを合わせ報じるニュースが耳に残ります。その点、褒め過ぎが新聞沙汰になることはありません。
 「管理者研修」では『部下は褒めて叱って 育てよう』とこれまで申してきました。実際にはバブルの頃でもいずれも簡単なことではありません。


 社員研修あるいは「実践的話し方研修」として「叱り方」を示唆から叱責までの5段階に分け具体例を入れ、相手との位置関係も含め申したことがあります。部下の立場からの「叱られ上手になる法」についてのアドバイスです。その上で将来リーダーになった場合の叱り上手な管理者になるためのヒントにして頂ければ幸いと考えます。


 さて、仕事で失敗すると、上司・先輩から注意されるだけでなく、叱られることもあるでしょう。辞書の定義は別として、ここでの「注意」および「叱る」は、話の働きでの目的から、広い意味での<忠告>に含めます。そこで、あなたにお考えいただきたいことがあります。   


 世間には「注意されるのが楽しみだ」、などという人はいるのでしょうか。まずいないでしょう。 ですが人間は誰にでも『盲点』があるものです。それは他人から指摘されないと実際には中々気付かないものです。
 「カスハラ」が問題視されるご時世ですが、これは組織が法人としての生命体を有した『企業』の場合でも同じです。その<盛衰の鍵>が存外ここに隠れていることもあります。


 職場で上司から注意されるのは、あなたに見込みありと期待しているから言うのです。どうでもいい人には、最低限の注意しかしないものです。嫌な顔をされ、怨まれるだけ<損>だからです。


 <上役・下役・ご同役>の皆さん! そうじゃないですか? 


 ただ、仕事は出来ても組織人として好ましくない場合には、人事考課の対象にする企業があるかもしれません。


 注意されない人間は、スマホ・SNSのご時世でも見放された人であり、「孤独」とも言えます。注意を素直に受け入れる部下は、上役から見れば〝可愛い〟ものです。上司からはますます目をかけられることになります。
 つまり、『言われるうちが花』です。夫婦間でも同じです。


 注意された場合には、「俺(あたし)のために嫌な思いをしてわざわざ言ってくれるんだ」と、先ずは『感謝』しましょう。それをですネ、


 「課長はそうおっしゃいますが、失礼ながら一方的見方じゃないですか? 日頃の私の仕事ぶりを観察されておっしゃているとはとても思えません。たとえばです。・・・・・」と、反論されて人がどのような気持になるかを考えて見て下さい。くどいようですが家庭でも同じです。


 私が上司なら「何を小癪な片腹痛い!」と、その場で切って捨てるかもしれません。映画館の時代劇で育った昭和二世にしても古いですネ。冗談です。
 したがって、同じ忠告(注意)されるなら、自分を伸ばし好感を与える「忠告(注意)」の受け方にも留意したいものです。


 ただしですよ。〝イエスマン〟になることではありません。職場は公的組織です。返事の仕方にしても上司には、聖職である学校の先生に対するそれとは違い、言いたいことがあれば<敬意>を表して「質問」する仕方で疑問点を訊いてみましょう。


 なお、当ブログで申し上げていることは、いわゆる健全な企業経営を<目指し・努力>している組織の多少でもお役に立てるよう、内容を創意工夫しています。業種・業態・企業(団体)規模を問わないことは、この先も変わりません。


 では、今週もお疲れ様です。今日は日差しは出るもののコートが必要な一日のようです。健康に留意してお過ごしください。ありがとうございました。


❒ 管理者研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
 向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『社員研修』 (190) 「縁は異なもの 味なもの」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 おはようございます。休日朝のご気分はいかがですか? 
 あなたがテレワークの対象ではないとして、現在の職場の椅子にどのような経緯で座り、明日からもこれまで通り座れるよう席が確保されているのでしょうか? 
 仮に末席でも出社したら自席に他人が座りおしゃべりしていたら、上司以外であれば退(ど)くように注意することでしょう。パソコンを机上に置いて開けず朝から気分が悪いですからね。どうなのでしょう?


 さて、人間は馬と同じ群棲動物、人の協力なくしては生きていけません。あなた自身を売り込むためには誰かと会わなければなりません。人と会って話すのが苦手だからと避けていては、いつまで経っても道は開けません。


 あなたが今の会社へ入社したとき筆記試験はフリーパスだったかもしれないが、形式的とはいえ採用面接は受けたことでしょう。その時の面接官は、この先御社を担う人物かもしれません。あるいは入社して配属され指導を受けた上司もしかりである。長いサラリーマン生活を考えると、いつどこで助けられないとも限らないのです。


 ある人とある人との出会いが、その人個人の運命や「世界の歴史」を変えてしまうことさえあるのです。
 身近な例でいえば「結婚」である。人間は産まれた時から〝赤い糸〟で結ばれているといわれる。ですから、お見合いにしても恋愛にしても、あなたはどこかで最良(?)の“ベターハーフ”と巡り合い、現在幸せな家庭生活を送られているものと思います。


 中には「一生の不作」だったという方がおいでなのは、女性に立場を置き換えても言えることで歴史上の人物からして事実でしょう。SNSのご時世では離婚し出戻るだけなら隣近所をみてもいとも容易いことのようです。問題はその先です。
 「男の寿命」はそろそろ頭打ちで団塊の世代の著者「堺屋太一」(前大阪万博開催に寄与)さんが亡くなった84歳としての老後を考えた場合、「ソクラテス」と同じく前向きに受け止めるのがベターでしょう。「閑話休題」。


 ところで、仮に木下藤吉朗が織田信長に出会っていなかったら、藤吉朗が竹中半兵衛・「黒田官兵衛」と出会っていなかったら日本の歴史は変っていたでしょう。坂本竜馬が勝海舟に出会っていなかったとしても然りです。ヘレンケラーの両親があきらめてアニーサリヴァン先生と出会わなかったならば、聖女ヘレンケラーが歴史に名を残すことはなかったでしょう。


 先生といえば、かつてのベストセラー「窓際のトットちゃん」を読んでも、小林校長先生と出会って小林先生に話を長時間<聴いて>いただけなかったら、「徹子の部屋」だけでなく『ユニセフ親善大使』としての黒柳徹子氏の活躍はなかったように思えます。


 このように考えると、まさに人と人の出会いは不思議なものである。あなたにもあの時あの人と出会っていなければ今の自分はないということはないでしょうか?
 ヒョットして自分の将来を大きく変える出会いがありながら、あなたの体調が当日すぐれぬため相手に悪い「第一印象」を与え、自らそのチャンスを生かせず幸運を逃しているかもしれません。これは『神のみぞ知る』ということでしょう。


 朝ドラ『ブギウキ』を朝の出勤時間帯は無理としても、昼休みにご覧になっている方はおいでですか?


 吉本興業の跡取りと結婚した『笠木シズ子』の才能を開花させた作曲家「服部良一」とは<運命の出会い>と伝わる。
 その後、笠木シズ子の物まねで受けていた美空ひばりの不世出の才能を引き出したのがコメディアン川田晴久です。おそらく笠置と美空だけでなく川田も同一舞台に立ったことがあるのでしょう。時間的に朝ドラで少女時代の美空ひばりが登場するまで描かれるとは思いません。


 御社に来年度入社予定の新卒内定者がいるとすれば、「期待と不安」を持って現在首を長くして自宅待機していることでしょう。来年度4月1日新卒者受け入れを含め「春の人事異動」であなたが転出者に該当するかどうかのほかに職場の上司およびメンバーの転出入に伴い新しい<人との出会い>があるでしょう。
 これに伴う「職場結婚」だけでなく、配置換えに伴い良くも悪くも人生に影響を受けるお客様を含む<社外者>との出会いも想定されます。


 とにかく、ことほど左様に人生において【人と人との出会い】は重大な意味をもっているのです。毎年この時季になりサラリーマン生活を振り返ると様々なことが頭を過ぎります。
 自己研鑽努力もさることながら、『潜在能力を顕在化させる 人との出会いっていいですね!』。ありがとうございました。



❒ 社員研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
 向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・