社員教育『期待される管理者』

皆さんこんにちは!『寺子屋ラッキー』と申します。職場生活で多少なりともお役に立つと思える事柄を、人を中心に申し上げていきます。よろしければお付き合いください。

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ
にほんブログ村

『管理者教育』 (180) 「問題解決会議は 焦点を絞り 効率的に進めよう」 (その2)

研修講師

https://management.blogmura.com/management/ranking/in

https://blog.with2.net/ranking/1395018


 こんにちは。あいにくのお天気ですが酷暑を控えての衣替えはお済ですか?


 さて、話し合いを効率的効果的に進めるには、参加者全員が話し合いの手順を知り、お互いに共通の基盤に立って、一つ一つの段階を踏んで意思統一を図ろうとする努力が必要になります。


2.問題解決の手順


 (1) テーマの意味を確定する。  
        
 (2) 現状を分析し、問題点を洗い出す。
        
 (3) 原因を追究しそれは何故かを掘り下げる(できれば3回は繰り返す)。
        
 (4) 考えられる案を出し合う。
        
 (5) 最善の解決案を選ぶ。(選択)
        
 (6) 良い解決案の基準を考慮する。


   〇 希望条件をできるだけ入れたもの
   〇 実施するのが容易なもの
   〇 明白で、仮定が少ないもの
   〇 普遍性、一般性があるもの
       
 (7) 解決案を実施するための具体策を考える。


 (8) 実施後、結果を評価する。 ※ ここが大切(やりっぱなしはダメ)


 最後に以上の中で押さえておきたい点を、寺子屋式に若干補足して終えることとします。
 それは、問題解決の手順の(1)「テーマの意味を確定」するということです。言葉を変えれば「焦点合わせ」あるいは「意味付け」であり、範囲の限定をすることです。


3.テーマの意味の確定
  話し合いに入る前にハッキリ意味付けをしておく必要があります。ここを始めにキチン
 トしておかないと、話し合いが〝堂々巡り〟するだけで、時間のムダとなります。新人で
 も理解できるように一般的な例を挙げて説明します。


  例えば「男女交際のあり方」について考えるとすると、テーマの範囲が広すぎ絞り込
 まれていません。「別ければ分かる」と言います。


  〇 未婚の男性と未婚の女性なのか
  〇 未婚の男性と既婚の女性なのか
  〇 既婚の男性と未婚の女性なのか
  〇 既婚の男性と既婚の女性なのか


  以上のように別けてみて、いずれの「交際のあり方」について話し合うのかを、前も
 ってテーマの絞り込みを行なっておく必要があります。あるいは分かっているようでいて
 分からない言葉もあります。
  仮にそれが「根性の鍛え方」についてだとします。この「根性」にはサラリーマン根性
 もあれば泥棒根性もあります。実に抽象的な言葉なので参加者の受け止め方がバラバラと
 いうこともあります。


 こうしたことは「円滑な職場コミュニケーションを図るには」をテーマに話し合う場合でも同じです。職場の話し合い(職場会議)のテーマに「サービス」、「コミュニケーション」といった横文字が入る場合には気を付けたいものです。前に投稿した「部下には経営理念を徹底させよう」のブログ記事も趣旨は同じです。


 なお、衆知が必ずしも英知になるとは限りません。「多品種少量生産の時代」、感性豊かな新人が『英知』を出すことも考えられます。若手社員を未熟だと決め付けずに若者の声にも耳を傾けましょう。
 今週もお疲れ様でした。では、良い週末を。ありがとうございました。  



❒ 管理者教育講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に向かって挑戦しよう ‼」)


『管理者教育』 (179) 「問題解決会議は 焦点を絞り 効率的に進めよう」 (その1)

社員教育

https://management.blogmura.com/management/ranking/in

https://blog.with2.net/ranking/1395018


 こんにちは。職場環境および雇用形態が複雑な中でのマネジメント業務遂行お疲れ様です。
 さて、職場の管理者にとっては毎日が「説得の連続」であり、毎日が「問題解決の連続」といっても過言ではないでしょう。問題の種類と解決法には様々なものがあります。それは専門書で学習していただくこととして、ここでは職場で簡単に活用できる「問題解決の手順」を採り上げることとします。


 職場での問題には、


  〇 仕事がスムーズに進まない
  〇 仕事の進め方にムダが多い
  〇 マニュアルどおりにいかない
  〇 お客さまからのクレームが多い
  〇 他の部・課とのトラブルがある
  
 など、困っていること、悩んでいることなどがあると思います。これらを放置しておいては、いつまで経っても『仕事の改善』は進みません。
 そこで、日常業務の在り方に「問題意識」をもち、職場の問題点を洗い出してみましょう。その上で、職場メンバーで話し合うことです。 


1.話し合いの意義
  言い合いと話し合いとは違います。「話し合い」とは、共通の問題をみんなで考え、
 意見を出し合って解決していこうとするものです。話し合いのプロセスで、また結果に
 おいて次のような成果が生まれ、そこに話し合いの意義を把握することができます。


 (1) 相互に理解が深まる


 (2) 新たな事実に気がつく


 (3) よりすぐれた意見も創られる


 話し合いは、「共同思考」です。それぞれ自分勝手に問題の解決を図ろうとするのでは、いたずらに混乱を招き時間だけがムダに流れます。これでは、目的を達成できないばかりか、却って問題を複雑化することにさえなってしまいます。(続く)


 では、体調管理に気を付けて頑張ってください。



❒ 管理者教育講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
向かって挑戦しよう ‼」)


『管理者研修』 (178) 「管理者への部下の希望と 上司の振り返り事項」

研修講師

https://management.blogmura.com/management/ranking/in

https://blog.with2.net/ranking/1395018


 こんにちは。前回に続け箇条書きします。


Ⅰ.部下指導面での管理者への部下の希望


 1.~ができるようにさせる。


 2.~を積極的にさせる。


 3.必要点に基づいた~をさせる。


 4.部下の立場を考慮した〇〇をさせる。 


 5.タイミングの良い〇〇をさせる。



II.日常業務における上司の振り返り事項


 1.積極的に~しない。


 2.~ができない。


 3.部下の立場を考慮した~をしていない。


 4.タイミングのよい~をしていない。


 5.~をしたがらない。


 6.~のフォローをしていない。


 7.場面に応じた〇〇をしていない。


 8.必要点に基づいた〇〇をしていない。


 9.〇〇に精通した〇〇ができない。


 10.事実に基づいた〇〇をしていない。


 11.きめ細かい〇〇ができない。


 12.計画的な〇〇をしていない。


 13.部下の育成を考えた〇〇をしていない。



【再 掲】 「上司への期待事項9ポイント」


 1.率先垂範、言行一致に努力している。


 2.責任回避をしない。


 3.部下を指導育成することに熱心である。


 4.部下からも学ぶ姿勢がある。


 5.部下の長所にも目を向ける。


 6.客観的なものの見方ができる。


 7.知的好奇心が旺盛である。


 8.部下が納得できる〝厳しさ〟をもっている。


 9.〝親しみ〟やすい人柄である。(へりくだる必要はないが、尊大な態度は嫌われる)
   
                                     以 上


 これまでにも申し上げてきた通り『何事も反省なくして成長なし』と考えます。そのため新年度業務計画に沿って業務が本格稼働している現在、部下指導面での「マネジメントサイクル」(×サークル)を回し、その結果を踏まえ〝スパイラルアップ〟を図ることは管理者として肝要なことだと思えます。
 では、明日は初夏の風情になるようですが、良い週末を。お立ち寄りいただきありがとうございました。



❒ 管理者研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に向かって挑戦しよう ‼」)



『管理者研修』 (177) 「期待される管理者は 理論よりも 実践的行動で振り返ろう」

研修講師

https://management.blogmura.com/management/ranking/in

https://blog.with2.net/ranking/1395018


   こんにちは。今年の大型連休を十分堪能されておいででしょうか? 「あと半日で明日から仕事かよ。ア~ヤンなっちゃうナ」のマイナス思考ではこの先困っちゃうことにもなりかねません。それよりも「未だ半日もあるぞ!焼酎でも飲みながら創造力を鍛えるよう動画で脳トレでもするか」とプラス思考するのは大事なことです。
 「ものの見方・考え方」だけでなく、今後の『サラリーマン人生』で翻弄されない積極的な生き方をするためにも必要なことだと思います。


 ときに、あなたは現在管理監督者でしょうか? このご時世を勘案すると未だ一般担当者であっても、性別・年齢・学歴を問わずいつ「白羽の矢が立つ」かもしれない管理者候補者であることには間違いないでしょう。ここのところニュースでは運航管理の四文字を見聞きします。
 一概には言えないものの業種・業態・企業規模を問わず職場には様々な管理業務があります。思いつくままランダムに書き出してみます。


【管理業務の例示】;①人事管理 ②労務管理 ③原価管理 ④服務管理 ⑤収入管理
            ⑥納期管理 ⑦文書管理 ⑧運用管理 ⑨システム管理
            ⑩工事管理 ⑪品質管理 ⑫工程管理 ⑬工程管理 ⑭安全管理
            ⑮委託管理 他


 では、「管理とは何か?」を考えたことがおありでしょうか。ここは「寺子屋」で学問を論ずる場ではありません。『管理』という用語にプラスイメージを持つ方とマイナスイメージを抱く方がおいででしょう。関心のある方は〝意味付け〟あるいはその方法を「経営学」および「管理論」並びに「マネジメント論」をビジネス専門書籍で自学自習して知識の習得を図ってください。


 肝要なことは「管理者の反省」として管理の具体的行動を定期的に振り返ることではないでしょうか。以下例示しますので職場実態に合わせてお考えください。


Ⅰ.「管理者具体的行動への質問15」


 1.職務権限が明確になっているか。


 2.職務分掌が明確になっているか。


 3.指示を的確にしているか。


 4.報告を的確に受けているか。


 5.部下の能力を把握しているか。


 6.部下に対して教育をしているか。


 7.会社の方針を理解しているか。


 8.部の方針を理解しているか。


 9.会社・部の方針を部下に徹底しているか。


 10.課の業務を分かりやすく説明できるか。


 11.会社・部の方針を具体的にしているか。


 12.服務管理はされているか。


 13.必要なデータを決めているか。


 14.必要なデータを的確に管理しているか。


 15.部内会議の内容を課内に周知徹底しているか。etc.


 では、あと1分で「開運!なんでも鑑定団(再放送)」が始まるため今回はここまでとします。連休明けの明日は久々に職場オールスターキャスト(メンバー)が出揃うことでしょう。新年度が本格稼働に入った今月も心身とも健康に留意して業務遂行(〇すいこう、×ついこう)にお励みください。ありがとうございました。


 『より多く奉仕するものは より多く報われる』 (ロータリークラブ理念を意訳)



❒ 管理者研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に向かって挑戦しよう ‼」)



『話し方研修』 (173) 「話は見られていることにも ご用心 ‼」

研修講師

https://management.blogmura.com/management/ranking/in

https://blog.with2.net/ranking/1395018


 おはようございます。GW最終日の朝をいかがお過ごしですか?


 さて、あなたは五官(感)をご存知ですね。視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚(○きゅうかく ×しゅうかく)の五つです。この全体を100%とした場合、一番強い感覚はどれでしょうか? そうです。視覚です。


 データの出所は米国を含めた研究機関により違いはあるものの視覚は全体の70%を占めます。それに対し聴覚は20%、その他で10%だそうです。ですから「一枚の絵(写真)は一万語に勝る」とも言われます。しかし、一枚の写真は部分であり必ずしも全体を表しているとは限りません。
 したがって『百聞は一見に如かず』であり、ビジネス現場での「問題解決」には<現場・現物・現実>の『3現主義』が殊のほか大切なことです。


 ところで、あなたは話は<聞かれている>とお考えでしょうか。それが普通です。話は<言葉>という「道具」を使います。この言葉は、聞き手の耳に入り大脳に伝わります。つまり、聴覚に訴えることになります。と同時に話は視覚に訴えることにもなります。
 そのようなことから、話は<見られている>といっても過言ではないでしょう。ここに意識を向けないことが要因となり、職場生活では何かと問題を惹き起こすケースがあります。


 かつてのアメリカ大統領アイゼンハワーは、テレビで演説するとき舞台俳優を演出顧問にして細かな注意と指導を受けたそうです。


 1960年の選挙で若くてハンサムな故ケネディに負けたあの眉毛が太く目がくぼみ鼻の反り返った男ニクソン大統領は、その後新しい姿でニュース番組に登場した。星条旗の赤い縞を背景に、ブルーグレーの背広、真っ白なワイシャツ、黒と象牙色の千鳥格子のネクタイという服装でイメージチェンジを図った。彼は後に失脚したが、60年選挙の当時を振り返り言っている。
 「私が選挙に負けたのは、余りにもしゃべることの内容に時間をかけ、余りにも見かけに時間をかけなかったことだ」と。


 ブログ開設当初申し上げた『襤褸(ボロ)をまとえど心は錦』は、欧米人にも通用する諺と思えます。SNSのご時世の社会生活では、どの程度世間に知れ渡っているかは分かりません。
 しかし、人前でのスピーチだけでなくビジネス現場で話をする場合に服装をはじめとする『態度』に気を配るのは、つまらないことのようですが、思いのほか話の効果を左右するものです。折角の話が〝間引かれない〟ためにも態度(外面的)についてはクセを含め、ご参考になると思える事柄をこの先繰り返し申し上げていきます。


 最後に主題からそれますが、この時期を捉え別建てにせず敢えて付け加えます。
 高度経済成長下当時に集団就職した「金の卵」だけでなく現在も、帰郷した新人には初の大型連休で「ナー君。 やっぱり故郷はいいだろう。どうだいズ~ッといたら?」と、どこからか囁きがあることもあり「魔のGW」とも言われています。しかし『初心忘 れるべからず』、惑わされずに断固初志貫徹です。


 上司・先輩のあなたは新人を鍛えるだけでなく孤独に陥り悩まないよう注意し、一言声をかけるなど関心を示してあげてください。多忙な管理者にはつまらないことのように思えても『労務管理』面では思いのほか大事なことです。


  では、『主務者意識』の高いあなたの職場復帰を仕事が待っていることでしょう。 
 <上役・下役・ご同役>の皆さん、連休で蓄えたエナジーを活かし明日からも「心身共に逞しく」大いに業務にお励みください。お立ち寄りいただき ありがとうございました。



❒ 話し方研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
向かって挑戦しよう ‼」)