『ブログ 社員教育講師』

皆さんこんにちは!『寺子屋ラッキー』と申します。職場生活で多少なりともお役に立つと思える事柄を、人を中心に申し上げていきます。よろしければお付き合いください。

『管理者研修』 (245)  (続)「たかが挨拶 されど挨拶」 ※ リンク修正

【2022年09月30日 投稿分】
                             『リンク修正 再投稿』


ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 おはようございます。今回申し上げる事は『リーダーシップ発揮』のための人間関係論からのプロローグでもあります。


 あなたの会社ではこれまでに「モラールサーベイ」を実施されたことがおありでしょうか? 過日「テレワーク」についての意識調査がテレビで採り上げられていました。サンプリングが母集団をどの程度反映しているかはわかりません。マネジメントに当たる管理者は人事管理、労務管理面での制約を受けるため、評価が管理者と部下とでは乖離するのは当然です。


 ときに前回まで「挨拶」について、その意義と重要性を事例を踏まえ問題提起してきましたが、若干補足します。それは生き生きとした〝目玉〟は、相手に近づいていくということです。


 たとえば、「おはようございます」と若い社員が挨拶すれば、上司・先輩も「おぅおはよう」と挨拶を返す。もっと前に、先に上司や先輩から「オーッおはよう。昨日の企画書はどうなった? 今日も頑張ってくれよ!」と言われてごらんなさい。感じがいいでしょう。テレワークでは実感が沸かないとしても、朝こんな挨拶でも先にされたときに、どれだけその部下や後輩は嬉しいことか。
 職場で少しでも声をかけあっている仲間というのは、たとえ上司と部下とでも一日仲良くいくものです。


 ところが、中には近づかない部下もいるものです。出勤して何故か〝生理的〟に合わない課長の顔を見たとたん、「アリャ―もう来てるよ。課長の顔を見るとどうも朝から調子悪くなるんだよナ」と、挨拶もしないで逃げていく。
 課長は課長でそれを見ていますからね。「ヤロー、俺の顔を見ていながら挨拶一つしていかなかったな。不愉快な奴だ、許さん ‼ よ~し。今日は一つ仕事で揉んでやろう」と朝っぱらから決心したとしても、実際には何の個別指導もしないことでしょう。それは何故だと思います?


 詩人のエマーソンは『我を愛する者を我愛す』と、言っている。同僚間だけでなく上司・部下同士でも相手を無視すれば不快にさせるのは当たり前のことです。
 そのようなことから、この先申し上げる部下に<近づく>という問題は、「リーダーシップ」発揮の面で非常に大事なことです。書庫を『管理者研修』に変え再度考えていきたいと思います。


 上半期も今日一日となりました。お疲れ様です。ナイスいただいている方をはじめ、お越し頂いたあなた(貴方・貴女)には改めてお礼申します。
 では、爽やかな秋晴れのもと週末を有意義にお過ごし下さい。ありがとうございました。(寺子屋ラッキー)



❒ 管理者研修講師『人材教育研究所』 (「部下をパートナーとして 職場目標を達成
 しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『話し方研修』 (280) 「挨拶の意義と 心得三条件」(書庫補正 再投稿)

【2022年09月08日 書庫補正再投稿】


ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 おはようございます。SNSの時代加えてアフターコロナ禍のご時世で内向性もあり挨拶を不得手とする方はおいででしょう。しかし、昭和二世当時からのことであり決して珍しいことではありません。そこで「挨拶の働き」について、これまでのまとめを兼ねながら再提起します。


 さて、挨拶(あいさつ)の心得としては、どうせするなら<明るく、いつも、先に、続けて>したいものです。以下補足しますと、


  〇 あ・・・・・・綺麗な声というよりも、陰にこもらず明るい気持ちをのせて
  〇 い・・・・・・気が向いたらではなくいつも
  〇 さ・・・・・・できれば先に
  〇 つ・・・・・・思い付いたその場で終わらせずに、続けて


 ということですが、礼儀・作法とは別の観点から考えると易しいようで思いのほか難しいことです。SIMPLE IS BESTとは言え、これでは不親切と言えましょう。「社員研修」として以下3点に絞り説明を加えます。


 コロナ禍で見かけなくなった光景ですが、あなたが出勤時1階ホール―でエレベーターを待っていたとします。そのような時、次のような〝目上〟の人から声を掛けられた経験はないでしょうか。前に並んでいた普段話をする機会のない御社の社長が振り向きざまにあなたと視線が合う。
「オー松木君おはよう! 久しぶりだな。元気にやっとるかね?」と親しく声をかけられる。このような場合、声をかけられた当人はどのような気持ちになるでしょう。予期せぬ出来事ではあっても、朝から気分が悪くなる方はおいででしょうか。おそらく反対のはずです。敢えて決め付け的言い方をしますが、そこが人間の性(さが)というものです。


 ニコポン管理と同じく気安く相手の肩に触れることは別として、言い方に問題のない挨拶をして相手に無視されるようであれば、理由はともかく職場の「人間関係」は普通までいかないように思えます。


 前にも申し上げた通り、ここに『人間関係論』からみた挨拶の働きに「人を動かす力」があり、商売の秘訣もあります。これを裏付ける人の機微に長けた総理経験者のエピソードを前に採り上げました。
 「挨拶の仕方」は相手により、場合により、時により様々ですが、次の三条件は心得ておいて損はないと思えます。


 第一は、挨拶は積極的に、できれば先にすることです。
 先手の挨拶は、相手の警戒心を取り除き、相手をリードする働きがあります。
 仮に、今年貰った賀状があったとしてのことを考えてみて下さい。これは「年始の挨拶」です。あなたが出さなかった相手から賀状を貰っていた場合、あなたはその人にどんな気持ちになりましたか。
 「あのヤロー、俺が出さないのに勝手に寄こしやがって。いまいましい奴だ!」と、不愉快になりましたか。そのようなことはないでしょう。それと同じです。


 第二は、できれば内容と仕方を工夫することです。
 学校ではないのですから、「オッス!」など単なる〝合図〟であっては効果がありません。どうせするなら暖かい「関心」を示したものにしたいものです。
 この<秘訣>は職場なら「おはようございます! 昨日は帰りがけに飛び込みの仕事が入り大変でしたね。今朝は早くからお疲れさまです」といったように〝一言添える〟ことです。これは相手が同僚だけでなく、あなたの上司に対しても同じで〝ゴマすり〟とは違います。


 第三は、挨拶は「投げ」、返事は「受け」だということです。詳細は7/19投稿記事『社員教育』(114)で「返事が無いのも 返事」として記載しました。よろしければご参照下さい。


 ときに歴史ある王室での最長君主(国家元首)エリザベス女王二世の訃報を知りました。英国は夏目漱石の留学地でもあります。江戸幕府寛政の改革(松平定信)当時、ネルソン提督で名を馳せた大英帝国海軍は世界の七つの海を制覇し、ユニオンジャックの旗のもと太陽の沈まない国ともいわれた。
 映画では『女王陛下の007』でも知られた殺しのエージェント(架空の秘密諜報機関員)「ジェームズ・ボンド」の舞台ともなった紳士淑女の国です。
 国内は日本と異なりUK4地域からなる複雑な事情のあるイギリスのようですが、『その時歴史は動いた』の伝統ある王室に節目をつけたようにも感じます。


 英国は日本海海戦での旗艦「戦艦三笠」(1万5千トン)の建造国であった。日露戦争では日英同盟を締結した仲であったが、太平洋戦争では日米関係と同じく敵国同士として海軍・陸軍共に戦った。それでも日本皇室とは昭和天皇当時から良い意味での深い関係があると聞きます。
 戦後上皇さまが皇太子当時出席したエリザベス女王の戴冠式と同じく、国葬への参列のため関係部署は出席者の準備・『調整』でこの先多忙を極めることでしょう。ありがとうございました。


【追記】招かざる台風の襲来で、連休に予定していた楽しみの先送りは致し方ないようで
   す。これまで幸いに被災体験がなければ先ずは大丈夫と非常時対策が不十分というこ
   とがあるかもしれません。が、世の中まさかのこともあり「油断大敵」です。
    『備えあれば患(うれ)いなし』。台風情報に応じた「予期せぬ災害」に備え早め
   早めに手を打ち安全を確保してお過ごし下さい。


    ライフラインの保守で出勤される方はお疲れ様です。使命感、責任感もさることな
   が、先ずは安全第一で保守・復旧作業に当たって下さい。そのため家を守るご家族
   は、ご主人・お子さんを普段以上に気持ち良く送り出す心配りが必要だと思います。 
                                     以 上



❒ 話し方研修講師『人材教育研究所』   (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
 向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『話し方研修』 (279) 「検定(資格)試験に馴染みにくい 実践的上手な話し方」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 こんにちは。あなたは日本全国に点在する<話し方教室>という言葉をその実際はともかくお聞きになったことがおありだと思います。世界的には永遠のロングセラー『人を動かす』の著者デール・カーネギの「話し方教室」がつとにつとに知られています。


 では、話し方を体系的に組み立て社団法人として認可された日本の元祖「話し方教室」をご存じでしょうか? 
 主宰者は政界にも人脈のあった実力者でしたが、残念ながら当該法人は消滅し現存しません。元製薬会社の取締役歴任者の副所長をはじめとする企業派遣研修で知名度が高かった実力幹部講師が相次いで退所(?)したことが直接の要因のようだ。元幹部の一人であった講師の話では経営数値に明るい幹部がいなかったからだとも言っていた。おそらく話では決着がつかない、部外者には計り知れないお家の事情がいろいろあったのでしょう。


 ネットで「話し方教室」をキーワードに書籍検索すると173件がヒットします。さらに『話し方』に拡げると一挙に1万件以上になります。それだけニーズが多いと言えます。
 詳細に調べた訳ではありませんが関連書籍の多くが絶版となり再販されている本は限られてきます。無論のこと全ての書籍を入手し読破できる訳がありません。
 仮に生成AI を活用して全ての書籍のエキスを抽出できたとすれば、会話・説明・説得・忠告・報告・感化といった「話しの目的・機能」についての知識、技術(技能)(?)の基本は出尽くしているようにも思えます。


 タイトルを『話し方教室』に限定すると、個人的には言語学者金田一春彦先生の「話し方教室」が生きた教材として勉強になりました。入手可能な書籍の最後の著者略歴に日本の『話し方教室』の創始者と記載した方が3人おいでです。いずれの方も故人となっています。昭和時代の終焉と共に一時期の『話し方教室』ブームはネット時代到来が拍車をかけ去ったように思えます。


 話し方には<原則・規則・条件>はあるが一方例外も多く、世間に通用する実技を含む公的資格試験の対象となるには未だ時間がかかりそうです。構造不況業種の一つである出版業界は営利事業であり慈善事業ではありません。SNSのご時世でもスピーチの仕方、発音発声をはじめとする話し方関連のCD・DVDを含む出版物数を見ても世間には広くニーズがあることが推測できます。


 ある産業心理学者の調査によると、トップマネジメントは活動時間の80%を話し方に費やしているということです。またミドルマネジメントになると<経営方針・部門方針>を職場の末端まで徹底させるだけでなく、管理技法としての話し方のスキルも必要となってきます。それだけ話し方が<ビジネス活動>に大きな影響を与えているといえます。


 職場で業務上の話をする目的は、突き詰めればその組織の「目的」および「目標」を職場の末端まで周知徹底させ、効率的・効果的マネジメント活動を行うためのものです。そのために管理監督者は部下に、話の内容をよく分からせ、できれば良い感じを与えてモラールアップを図り「行動」をとらせることが肝要となります。
 この観点に立つと「上手な話し方」とは、うまい言葉で流暢に話すよりも、分かりやすく感じの良い話しの仕方ともいえます。


 でも、どうなのでしょう? スマホ・SNSのご時世でも単にコトバだけを問題にしていたのでは不十分かもしれません。欲を言えば心も身体も全てを使って話をするという『態度』が必要です。つまり、ここぞという時には<全身全霊>で話すということが大切になってきます。


 言葉を研究する学問に『一般意味論』があることは簡単に紹介したことがあります。言葉というものは自分の<意思・考え>などを相手に正確に伝えるための道具です。いつの時代もビジネスパーソンは<必要なことを 必要な時に 必要なだけ>話せるように〝できれば〟なりたいものです。


 では、7月に入り令和6年も後半に入りました。気候不順に加えコロナが再発し出勤停止になる職場も出てきているようです。特に外勤職場の方は体調を崩さないよう「安全」にも配慮して仕事にお励み下さい。ありがとうございました。



❒ 話し方研修講師 『人材教育研究所』   (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
 向かって挑戦しよう ‼」)
#マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『管理者研修』 (352) 「管理者の必要要件 <バイタリティー>とは?」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 おはようございます。業務遂行能力には、知識・技術(技能)だけでなく、態度・意欲も含まれます。管理者にとって態度面でぜひとも必要なものの一つに<バイタリティー>があります。


 では、バイタリティーとは何でしょう?


 それは旺盛な<生命力・活力・持続力・生活力>などのことです。こうした力をもっている管理者は、どんな苦境に立たされてもそれを跳ね返す力、不撓不屈の精神に満ち溢れています。換言すれば『やる気』とも言えます。


 常に物事を『プラス思考』で捉え、〝何とかなるさ〟とあらゆる困難をものともせず、たえず前進していくことができるのです。コンピュータ付きかどうかは別としてあたかも<ブルドーザー>のような感じを受けることさえあります。
 こうした性格形成は、管理者自身の家庭環境および教育環境による生育歴だけでなく、サラリーマンになってからの『成功体験』を通しても知らず知らずのうちに身に付いていきます。そうした力は、潜在意識(右半球脳)面で考えれば、本来誰でもが持っているものなのです。


 しかし、人は誰しも精神的に強いようでいても、追い詰められると脆(もろ)い面を露呈することがあるものです。管理者の中にも無気力な態度で毎日を送り、それが自分の宿命でもあるかのような〝錯覚〟に陥っているのではないかと思える人がいます。おそらく役職を拝命した当時は意気軒昂だったのでしょうが、人に言えない大きな挫折感を味わい、いつしか消極的姿勢になってしまったのかもしれません。
 ただ、こうした上司の態度を部下達が 「反面教師」として捉えてくれればいいのですが、どちらかというと無意識のうちにマイナスの影響を受けるようになることが懸念されます。


 昔から、『子は親の背を見て育つ』と言います。また、『兵は将の顔を見て動く』とも言われます。部下も上司の内面的・外面的双方の『態度』により自然に感化され、影響されるものです。管理者にバイタリティーが求められるのはこういうところにも理由があります。


 部下の求めるリーダーは、おそらく「ひ弱な山羊」ではなく、「逞しいライオン」を求めていることでしょう。そうでなければ、大切な『家族』を抱えた部下は、安心して上司に付いてはいけないように思えます。
 <逆境時>こそ管理者の真価が問われるときでもあります。活気溢れる職場づくりをするためにも、職場リーダーは<バイタリティー>をもって、職場管理に当たってほしいものです。


 上司は<部下の鏡>です。リーダーは「明るく元気に颯爽」として行動することを習慣化できることが理想です。夏本番に向け暑さが増していくこの時期、管理者がご自身を鼓舞するためにも先ずは〝先手〟の気持ち良い朝の「挨拶」から始めましょう。


 職場リーダーの皆さんは性別・年齢を問わず心身共に健康で、職場の《核》としてマネジメント活動での成功をお祈りします。


 では、また来月に。ごきげんよう! ありがとうございました。



❒ 管理者研修講師『人材教育研究所』 (「部下をパートナーとして 職場目標を達成
 しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『話し方研修』 (278) 「スピーチにおける 登壇から降壇まで アラカルト」

【2022年04月15日投稿分 記事補充】


ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 こんにちは。コロナ禍を契機に人前で話す機会は社外では公私とも減っていると思えます。それでもいつどこでスピーチを求められないとも限りません。そこで、スピーチでの登壇から退席までの留意事項を態度(外面的)を中心に「自己紹介」を例に順を追って申し上げていきます。


 さて、仮に会場に壇があるとします。あなたが出ていらっしゃって段に乗るとしたら壇に向かって左側にお座りの方々はどっちの足から乗ったらいいのでしょう? 


 段があったら左足からなのです。右足から乗りますと参加者に背中(お尻)を向けることになります。指名された時からみんなの注目は集まってきていますから、それをハッキリと受け止める形の中で左足から壇に乗るというのが正式ですね。


 したがって、壇に向かって右側に座っている方々は出て来る時に右足から乗るということになります。壇から降りる場合でも同じです。参加者の視線をそのままに受け止めて席へお戻りになる。そのようなことも頭に置きながら立ち方も含めいくつかの事に気を付けていただきます。


 本当に基本的な事ですが、先ずは〝立ち止まる〟こと。これが第一です。


 第二は〝目を配る〟。


 第三に〝キチット挨拶〟をなさる。ここまでが「基本」です。  
 つまり、出ていらっしゃったら、キチッと立(たち)位置を占める。位置を占めたら座っている方々に親しく目を配る。それから挨拶です。
 「皆さん、おはようございます」。 挨拶をする時に立ち止まる。位置が決まらないと崩れてしまいおかしいものです。背筋を伸ばし参加者に目を配る。それからシッカリと挨拶する。


 第四ですが、これは姓名です。自己紹介です。フルネームでハッキリとおっしゃる。
したがって、挨拶と同じような調子でお名前をおっしゃると平板(へいばん)になります。  「皆さんおはようございますわたくし松木錠です」。これはおかしいです。「皆さんおはようございます。・・・わたくし松木↑錠と申します」。チョット声を張るんですネ。  


 五番目、そのお名前が印象に残るようチョット工夫なさってごらんください。 若い方ですと色々な工夫をされますね。お名前一つでも工夫のできる方というのは、だいたいスピーチ能力があるとみて間違いないです。  


 自己紹介の目的は名前と人柄を知ってもらうことです。自己紹介で次のようなスピーチをなさった方がいらっしゃいました。実に短いスピーチでした。どのようなスピーチをされたかと申しますと、
「皆さん方お分かりのように汁粉というのは砂糖だけでは本当の甘さが出ません。一つまみの塩が必要です。私はそのサトウとシオ、佐藤敏雄です。本当に味のある人生を歩きたい。そのようなことを考えています」。
 他の人が通り一遍ですから目立つんですネ。


 六番目。名前が済んだら、今度は人柄です。〝差し支え無い範囲〟でお出しになる。どんな仕事をなさっていらっしゃるのか。結婚をなさってご家庭をお持ちなのか、独身でいらっしゃるのか。趣味はどんな趣味をお持ちなんだろうか。そういう一つ一つのことを知れば知る程その方がよく分かります。同じ趣味を持っている方には心を引かれるものがあります。「同郷のよしみ」という言葉がありますが、出身地が近かったというだけでもお互いの関係が深まります。


 七番目にその集まりの性格がありますから、その場で要求されるものに応える。


 八番目として話はもう終わりですから、最後にもう一度姓をおっしゃる。
 
 九番目として挨拶をなさる。これは終わりの挨拶です。「一つよろしくお願いします」。  
 最後は、一呼吸されてから席へお戻りになる。これが大切です。終わった瞬間にホット安心なさるのでしょうか? 頭からつんのめるようにして席へ戻る方がおいでです。早く席に着きたい気持ちは分かりますが、これはおかしなものです。実に単純なことですが申し上げておきます。


 なお、ここで取り上げたことは講師が実習批評する際の固有技術の範疇でありその一端を申し述べた次第です。以上を基本にスピーチをなさる時はTPOに合わせ、どうか個性的なお話を工夫なさって下さい。


 では、国家公務員への夏のボーナスも支給されたようです。良い週末をお過ごしください。ありがとうございました。



❒ 話し方研修講師『人材教育研究所』  (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
 向かって挑戦しよう ‼」)
#マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・