『ブログ 社員教育講師』

皆さんこんにちは!『寺子屋ラッキー』と申します。職場生活で多少なりともお役に立つと思える事柄を、人を中心に申し上げていきます。よろしければお付き合いください。

『話し方研修』 (258) 「話を立体化させ 視覚にも訴える ジェスチャーの使い方」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 おはようございます。今朝のご気分はいかがですか?


 さて、ジェスチャーは適度に使うと、視覚的に話を立体化し生き生きさせるにも効果があります。その点欧米人はジェスチャーを上手に使っており、映画などを鑑ていても感心することがあります。
 ジェスチャーは職場ではさほど必要とは思えませんが、この<コツ>を以下三点に絞り箇条書きします。


 第一は、手をチョコチョコ動かすと見ていてうるさく落ち着きの無い感じを与えます。これは無意識に出てくる多くは「癖」です。ジェスチャーをするなら意識して肩から手を動かすようにすると話が活きてきます。


 第二は、大きさを示す時は両手を広げたり、小ささを指先で示す時にも、〝目を添える〟と効果が上がります。高さ低さを表現する時も同様です。


 第三は、話を数で整理する時、指を補助的に使うのも良いでしょう。
 たとえば職場の朝礼などで話をする時に注意点が三つあるとします。この時言葉に合わせて、〝その都度〟右手(または左手)の指を補助的に使います。この時のコツは、手のひらを相手(聞き手)に向けます。利き手により目の高さ右上(または左上)で、「第一は」と言葉に合わせて人差し指を立て、「第二は」と人差し指に中指を添えて立て、「第三は」と更に薬指を加えて立てます。


 ここでの注意点は、手を終始上げっぱなしにはせず、その都度下げることです。これなら、聞き手も楽に聞けます。また、話し手の頭の中が整理されているのが分かります。人によっては、話し手が〝賢く〟思えることでしょう。


 「いかがですか?」と聞き手に問いかけるときには、人差し指一本ではなく、手のひら全体を上にして使うとよいでしょう。


 ただし、人差し指は『人刺し指』とも言われます。会議の席上、幹部から「これについて管理者として、君はどう思うかね?」と人差し指一本で指名されると部下(聞き手)は嫌悪感を覚えることもあるでしょう。
 出来れば人指し指一本ではなく、手のひらを上にして全体を使うと良いでしょう。その点、トランプ元大統領を見ていてあなたはどのようにお感じになりますか?


 ジェスチャーの使い方には、これといった決まりはありません。あなたがジェスチャー
に関心があればテレビなどを参考に鏡で、できれば姿見鏡を見て研究なさってみて下さい。
 サラリーマンは役者・芸人とは違います。オーバーなジェスチャーは時には「キザな奴だナ~」と嫌われます。特に注意すべきは意味のない手の動きです。癖(クセ)はウルサク見え聞き手に不快感を与えることがあります。注意しましょう。
 なお、人前での話における手の位置については「態度の重要性」として再度触れてみたいと思います。


 では、休日を楽しみ明日からに備えエナジーを蓄えてください。お立ち寄りいただき、ありがとうございました。



❒ 話し方研修講師『人材教育研究所』  (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
   向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『話し方研修』 (257) 「話し方の手法習得は 新聞を教材とした リンカンに学ぼう」

 ID:8559fx
寺子屋ラッキー  


 こんにちは。今日は休日でしょうか。それとも半ドンを含む勤務日でしょうか? 
 ある業種に絞って非正規社員の定着率を調べてみると時間給よりも「完全週休二日制」をその理由として挙げる方が多いことが分かりました。労働時間の短縮に伴い賃金が減少しないのであれば正社員でも同じでしょう。小規模を含む中小企業でも会議をはじめとする労働時間の生産性を上げ「完全週休二日制」へ移行することも働く者の『モラールアップ』につながるように思えますがどんなものでしょう?


 さて、人の痛みの分かるリンカンは、朗読によって抑揚および声の区切り並びに〝間(ま)〟のテクニックをマスターしたと伝えられている。それは手紙や「新聞」に目を通す時にはいつも<声>に出して読んでいたからだそうです。 
 「継続は力なり」という。やがてそうした努力の成果が表れ、リンカンは『説得の名人 人』といわれるようになった。
 たとえば、話をしているときに重大なところへくると必ず一瞬沈黙したという。この一瞬の沈黙は、大きな声で怒鳴るより何倍もの効果があったという。


 新聞は文字量から単行本2冊分に相当すると聞いたことがある。したがって、紙面毎の大見出しおよび小見出しに目を通すことは可能でも、丹念に読むとなると多忙なビジネスマンには無理がある。
 しかし、新聞コラム欄に絞って日々書き写すことはその気になれば可能でしょう。ただ、他人が手を加えることができない練りに練られた名文は大学入試に出題されることもある。そうしたことから書き写したとしてもプロの書き方の習得は極めて難しいでしょう。


 その点『声の表現方法』として<一人密かに、お金をかけずに>新聞を教材として日々〝意識〟して声に出して読むことは、
 (1)スピーチにおける主題の述べ方
 (2)話材の生かし方
 (3)話の展開等の「生きた教材」として勉強になります。そのように考えると、新聞代は安いものだと思いません?


 ただし、仕事と同じく〝やりっぱなし〟のそれっきりでは何事も期待できません。昔から噺家の世界では「板場百回」と言われる。過日NHKに出演していた綾小路きみまろさん(敬称)の話では、講演が終わると夕食後仮眠をとり夜遅くに起き出し、その日の講演音声記録をその都度チェックしスパイラルアップを図っていたそうです。


 聞き手に影響力を与える<声の表現力>には、第一にイントネーション(抑揚)、第二にプロミネンス(強調)、第三にインターバル(間)があります。人前での話が原稿の棒読みあるいは一本調子になりがちな【癖を矯正】するには、リンカンの声の訓練方法を真似しない手はないでしょう。


 同じく声の表現力テクニックの習得も訓練を不精せずにスマホをはじめICレコーダーを併用し、一日15分でも抑揚も含めて繰り返し実践すれば『継続は力なり』です。やがて効果が表れその成果を実感できると思います。


 ただし、時間をかければいいというものではありません。自己満足で無駄な努力にならないよう、家族をはじめ気の置けない友人に音声記録の感想を訊くことも大切です。
 そのようなことから寺子屋としての例題を前にお示ししたことがあります。試された方はおいででしょうか。おそらく皆無と思えます。


 そうしたことから、仮に自己啓発の一環として「話し方教室」へお金と時間をかけてせっせっと通っても、「実地練習」をその場限りで終わらせてはいたのでは意味がありません。
 前にも申し上げた通り綺麗な発音発声で流暢に話すことは二の次です。肝心の業務遂行上求められる『話し能力』アップの効果確認は得にくいものです。


 とにかく「実践無くして効果なし」。声の表現力訓練で成果を上げた<人間性>をベースとした説得の名人「リンカン」の努力を見習いたいものです。ありがとうございました。


❒ 話し方研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
 向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『社員研修』 (209) 「反対意見は 提案者の自尊心を守る イエス・バット方式で」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 こんにちは。世間には『自尊心が歩く』と思える方が少なからずおいでになり職場メンバーにも当てはまるかもしれません。


 さて、会議は「衆知の結晶」の場ではあっても、必ずしも「英知」がその場で出るとは限りません。解決案が得られないときは、冷却期間をおくために次回に回すことも考えられる。 
 それをみんなが長時間の会議でウンザリしていて、これで散会という間際になって「ところで、皆さん!重大な提案があります」と言ったところで、誰も聞き耳を立ててはくれないことでしょう。


 しかし、あなたが誰かの意見に反対である場合に黙っていればその提案が通ってしまうこともあるでしょう。そのようなときにはこちらも意見を出すべきです。そのための会議なのですから。
 ただし、〝揚げ足取り〟をしてはいけないでしょう。いわゆる「一言居士」は嫌われます。言葉の揚げ足取りや知ったかぶりの批評は、痛快のようではあるが結局会議の用には立ちません。


 反対意見を出すときは、「私は絶対反対です!」などという言葉を吐かないことです。
「そのご意見はごもっともであり熱意も分かります。しかし、このような面からも一つお考えいただきたい」と言って、一応発言者の<自尊心>を守りながらもあなたの意見を述べる〝余裕〟を示してはいかがでしょう。これを『イエス・バット方式』と言います。
 「私は絶対反対です!」という〝こわし屋〟になるよりは、参加メンバーに受け入れさせる効果があるものです。「駆け引き」が必要な場合は無論のこと不要です。


 既に申し上げた通り、より優れた意見を創り出す「話し合い」は建設的作用(行為)であり、「言い合い」は破壊的作用(行為)である。話す能力がないと夫婦・親子間でも同じですが、大体が〝言い合い〟になりがちです。


 ですから、上司への報告と同じく反対意見を述べるときも結論から先に言う。
 「私はただ今のご提案には賛成しかねます。と申しますのは・・・・」と切り出し、理由を分析して説明する。ときには全面的には反対でないときもあるでしょう。そういうときは、これこれの条件に欠けているからと反対理由を述べ、その条件が満たされれば必ずしも反対でないということをハッキリ述べるのがよいのです。


 よく反対意見を吐くときは力む割には、賛成となると妙に消極的になる人がいます.賛成のときも惜しみなく賛成の意思表示をしたいものです。
 賛成するにしろ反対するにしろ、会議では何のために貴重な『時間』を割いて参加しているかを考え、〝並び大名〟にならずに一言でも発言するよう心がけたいものです。


 スマホ・SNSのご時世です。発言するのが苦手な方は内向的性格をはじめ、理由はともかくおいでです。職場リーダーとして<居眠り・落書き>が目に余るようであれば放置せずに「それは何故か?」を考え〝自責・他責〟を含め手を打つことが必要でしょう。これも管理者の『職場の問題解決』の一つです。


 一方メンバーとして<参画意識>を示す簡単な方法があります。それは参加者として提案者の考え方に賛同したならば、その人の顔【目】を見て〝うなずく〟だけで良いのです。発言したのと同様の「効果」があるものです。これを『精神的発言』と言います。発言するのを不得手とする方には、老若男女を問わずお勧めしています。


 なお、<会議>については「社員研修」の一環として数回に分け申し上げました。また、当ブログで扱うサラリーマンとしての『実践的話し方』の範疇でもあるため、意図的に織り交ぜてきました。


 では、午後からも業務に精出し良い週末をお過ごしください。ありがとうございました。



❒ 社員研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
 向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『社員研修』 (208) 「自己啓発の意義と 啓発項目設定の考え方」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 こんにちは。前回申したことは管理者の立場で言えば、仮に近づいて来ない部下がいれば呼びつけるだけでなく、たまには管理者が当該部下の席へ足を運び声をかけるということです。
 つまり、部下と距離的に近づけることで心理的にも近づけようということです。効果の程はお試しください。


 さて、激変ともいえる時代、仕事を通して「自己実現」を図るには、この先も専門知識・技術(技能)を身に付け高める必要性があります(できればT型からΠ型へ)。そのためあなたご自身で自己の能力をアフターケアーすることが肝要です。これを『自己啓発』といい<自己向上の意欲・努力>を指します。


 価値観の多様化に加え「働き方改革」が問われるご時世、あなたご自身が自己啓発の「目標項目」を考えるポイントは、次の4点に大別出来ます。


 (1)自分に今足りないものは何か


 (2)業務遂行上必要なものは何か


 (3)学びたい(研究したい)ものにはどんなものがあるか


 (4)立場上必要なものは何か


 啓発目標はその内容により短期・中期・長期に分けられます。ご自身にとっての必要性である「個人目標」と会社にとっての必要性である「組織目標」を〝象限思考〟で捉え、統合できれば理想的といえましょう。


 令和6年度へ船出し11日目、思いつきであれもこれもと追い求めるのは「欲張り」です。また、方法なき努力はあがき・もがきとも言え、<人生航路>で〝難破〟することにもなりかねません。
 お金と同じくあるようで無いのも『時間』です。自己啓発は仕事と同じく<ムダ・ムラ・ムリ>の3ムを減らして効率的・能率的に行うことが大切です。しっかりと立案し計画的に当面の目標へ向け、決して人から盗まれることのない<能力>を開発し向上を図りたいものです。


 令和6年度を有意義に過ごすためにも間もなく迎える大型連休中に<心・技・体>それぞれに現状を洗い出し現有能力の棚卸をしてみてはいかがでしょう?
 今回もご覧いただきありがとうございました。


  『やらないで後悔するよりも、やって後悔した方がよい』  (真野あずさ)



❒ 社員研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
 向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『社員研修』 (207) 「相手を変えるには 自分を変えては? 『鏡の哲学』に学ぶ」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー

 
 こんにちは。「人の好き嫌い」について『人間関係論』の視点から数少ない持ちネタの一部を講演風に申し上げていきます。


 さて、ペット同伴ホテルへ行くと分かりますが、犬好き猫好きの方には、犬・猫はあまり噛みついたり吠えついたりはしません。何故だかお分かりですか?


 犬好きの人は犬が好きだから、犬を見ると「あれッ可愛い犬だな」という顔をしちゃうんですね。「何犬かな、それともミックス(雑種)かな?」と、興味を示す。「あッ可愛いナ!」という気持ちが<声・表情>になって出る。


【注】ただし、一度でも犬に嚙みつかれたことのある人はトラウマ体験となることもあり、
  この限りに非ず。そのため犬を見かけると【殺意】を抱くことも無いとはいえません。
   仮に相手が人間であったとすれば〝いわんやをや〟です。前にも申したことですが、
  感受性豊かな人が心の痛手を深く負うと、言った方は忘れても言われた方は【怨念】と
  して残ることも考えられます。・・・・・怖いですね。閑話休題。


 実際そうでしょう。好きだから無意識のうちに表現しちゃうわけです。そして、ワン公はその顔を見て「あッ僕のことを好きな人がいる」と分かってそのワン公が寄ってくる。同じくネコ好きにはネコが寄ってくる。農家の人に聞きますと、豚好きには豚が寄ってくるそうです。<好きになるから好かれる>というのは、この論理です。


 その点、世間には何故か反りが合わない、あるいは馬が合わない人がいるものです。このことは、あなたも人間ですから例外ではないと思います。次はアメリカの哲学者の言葉ですから、いい加減には聞けません。


『君が鏡に向かってチョッと顔を変えてみたまえ。君がニコッと笑ってみれば、不思議と向こうが笑い返す』


 「馬鹿!当たり前のことじゃないか ‼」と怒らないで下さい。これを『鏡の哲学』といいます。こちらがいいから相手がいい。こちらが悪きゃ向こうも悪いんですよ。こちらがしかめっ面をしているのに、鏡に映った顔がニャッとしたらこりゃ〝お化け〟です。そんなことは当然のことだという方は、『人間関係論』を語り合えない方かもしれません。


 自分が相手を嫌っているのにその相手からは好かれたいというのは「ムシのいい話」です。
 ただ「この野郎生意気でどうもムシが好かね~」あるいは「あの野郎コンチクショウだ」と思っていると、不思議とその人数分だけ相手からも嫌われているものです。
 つまり、相手の問題ではなく自分自身に問題があるのかもしれません。相手をそうさせていることに何故気がつかないかともいえます。この辺が大事なところでしょう。


 他人を変えることが難しければ、どうするか? 仕事を進める上で支障があるようであれば、あなた自身を変えることが早道です。
 長所ばかりの人間がいないのと同様、短所ばかりの人間もいません。相手の嫌な面ばかり見ていないで良いところにも目を向けることです。


 どうも〝人嫌い〟という人は、人の悪いところばかりに目がいくものです。私もそうでしたが、人の弱点だけを見ていると何故か良いところには目を瞑る。ところが、人を好きになれる人は逆なんですね。


 例えば、「あの野郎せっかちだ。あわて者だ」と言いますでしょう。裏返して良く言えば〝頭の回転〟がいいということです。同様に「あの野郎グズだ。ノロマだ」も裏返してみれば「落ち着いている」ということです。私の場合で申しますと、長所は協調性があることです。短所は付和雷同型だということです。
 つまり、性格は表から見れば良く、裏側から見れば悪くなるものです。どちらも「真」であり、あなたも例外でないと考えますが、いかがなものでしょうか?


 その点どうなんでしょう? どうも人が好きになれないのは、いつも悪い方悪い方と見ているからでそれを切り替えろと言われますが、確かにそうですね。意識して相手のいいところを見て相手を大事にしてあげることが大切なことといえましょう。
 以上、縷々申し上げてきましたが、人を好きになるから人から好かれる。しかも人から好かれるような人は、また、自分が好きになる。つまり、グルグル回って循環しているわけです。


 しかし、自分が好きになれない人はやはり相手を好きになれない。すると、相手から嫌われる。また、自分が嫌いにもなっていく。これを<悪循環>と言います。
 ですから、できればこの悪循環を断ち切っていきたいものです。実際には簡単なことではありませんが。


 では、間もなく終業時間帯に入ります。今日もお勤めお疲れ様でした。ご覧くださりありがとうございました。


❒ 社員研修講師『人材教育研究所』   (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
 向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・