『ブログ 社員教育講師』

皆さんこんにちは!『寺子屋ラッキー』と申します。職場生活で多少なりともお役に立つと思える事柄を、人を中心に申し上げていきます。よろしければお付き合いください。

『管理者研修』 (306) (続)「働き方改革が問われる時代 自己啓発の奨励・援助について」

【2023年07月10日投稿分 記事補充】


ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 こんにちは。令和5年度も第2四半期に入りましたが懸案事項の処理でお忙しいことと拝察します。


 さて、前回申し上げた通り「潜在能力」を持っているのが、我々<人間>です。ですから、管理者は何よりもご自身が自己向上の意欲と努力をした結果、会社の負託に応えたことで現在のポストに登用された事実を思い起こして下さい。
 企業パラダイムをはじめ社内事情に精通していない部外者には窺い知れない<成功体験>が裏付けとなり、部下に自己啓発を奨励することができると考えます。


 部下の中には〝氷山〟のような自身の隠れた能力について<消極的・否定的>な考え方をしている社員がいるものです。しかし、これは根拠の無い考え方です。部下に<積極的・肯定的>な考え方を植え付けることです。努力次第では潜在能力を顕在化できる事実を、管理者自身の経験から部下によく理解納得させてほしいものです。


 これも『啓発援助』であり立派な「部下指導法」です。そのためには、部下に自己啓発を奨める管理者が何よりもご自身が自己向上の姿勢が「リーダーシップ発揮」のためには必要でしょう。今後とも〟持ち続けることが肝要です。これを「示範」といいます。
 そうすれば、一部上場企業でもパソコン技術に疎くメール操作を不得手とする管理者がおいででも、その本来業務であるOJTでは、自信を持って部下指導できるものと考えます。


 混沌とした時代、仕事を通して『自己実現』を図るには、この先も専門知識・技術(技能)を身に付け高める必要性があります。(できればT型からΠ型へ)。
 つまり、『自己啓発』とは、自己向上の意欲と努力(自分で能力をアフターケアーすること)です。そのための方法なき努力は、時にはあがきとなり、時にはもがきとなることが危惧されます。


 価値観の多様化に加え「働き方改革」が問われるご時世、部下に自己啓発の「目標項目」を考えさせるポイントは、次の4点に大別出来ます。


 (1)自分に今足りないものは何か


 (2)業務遂行上必要なものは何か


 (3)学びたい(研究したい)ものにはどんなものがあるか


 (4)立場上必要なものは何か


 啓発目標はその内容により短期・中期・長期の三つに分けられるでしょう。そこでプラス記号(+)をイメージし象限思考することです。「個人目標」と会社にとっての必要性である「組織目標」を<2軸4象限思考>で捉え整理することが部下には分かりやすいでしょう。前に話し方で「否定の肯定」としてご紹介したのをご記憶でしょうか。考え方は同じです。


 象限思考とは、中学校で教わった一次方程式グラフの応用です。先ずは部下本人にとっての必要性をX軸(横軸)の右から左へプラスからマイナスと表示する。次に業務遂行上求められる必要性をY軸(縦軸)に同じく上から下へプラスからマイナスとする。その上で交点(原点)での右上を第Ⅰ、右下を第Ⅱ、左上を第Ⅲ、左下を第Ⅳとし四つの象限に別ける。


 したがって、個人および組織(会社)のいずれもが必要性のない第Ⅳ象限は不要であり無記入となります。「個人目標」と会社にとっての必要性である「組織目標」を〝象限思考〟で捉え、できれば第Ⅰ象限に『統合』できれば理想的といえましょう。


 令和5年丸も船出して6カ月が経過しました。部下が生涯設計上は別として思いつきで自己啓発をしないようしっかりと立案し、計画的に目標へ向けて能力開発するようアドバイスする。部下の長所・改善点を把握している『人材育成』の責務のある管理者に求めることよりは、生成AIを活用することを考えるほうが実際的なのでしょうか?


 では、暑い中、特に外勤の方はお疲れ様です。安全に無事故でお過ごし下さい。ありがとうございました。


  『やらないで後悔するよりも、やって後悔した方がよい』  (真野あずさ)



❒ 管理者研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『社員研修』 (188) 「デジタルデバイスの 技能を自己研鑽し <能力開発>の向上に」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 この時点では日差しが未だ残っており投稿挨拶で「こんにちは」を使用しても違和感がなく、節分後の厳寒期を控えているとはいえ日が少しずつでも伸びていることが実感できます。
 前に『自己啓発』の一環として「国家資格の取得」をお勧めしたことがあります。私事で恐縮ですが、一昨年お世話になった大病院のリハビリテーション科の方にコロナ5類移行の中で急に思い出したことがあり電話を差し上げた。中堅職員と思えた「理学療法士 」と「作業療法士」のいずれの方も既に退職していた。
 転職の時代、国家資格を活かし「より良い条件の職場」へと生涯設計上の<自己実現>を目指して変わったのでしょう。無口だったが気配りがあり誠実さを感じた一人の方とは、二度と会う機会がないことを思うと若干寂しい気がした。


 ときに、技術開発が進展する中、直近ニュースからも我が国メーカーの軽くかつ薄くなったパソコン機能を価格面から見ると相当(?)安くなっていることは間違いないことです。外国製パソコンの中にはスマホ機能を内蔵した製品があります。その点パソコン機能を内蔵したスマホの使い易さの実際は知りません。


 情報化の時代、『情報』とはいったい何でしょう?
 情報は、単なる知識やデータではありません。あなたが業務遂行上、あることを判断し、意思決定し、行動化するのに役立つ知識やデータのことです。その意味で<人間の一生>は、情報に支配されているといっても過言ではありません。


 あなたが何を食べ、何を着ればよいのか、ということを決めるのは情報を基にして いるからです。あなたが学校を選び今の会社へ就職したのも、それを決めたのは情報が基になっていた筈です。


 職場における『能力開発』とは、言い換えると情報を集めそれを役立たせるということです。「宝の持ち腐れ」にならないようパソコン・スマホ・タブレットを活用し、<人間の一生>を有意義に過ごすよう創意工夫したいものです。


 では、今週もお元気で。ありがとうございました。



❒ 社員研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に向かって挑戦しよう ‼」
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『管理者研修』 (304) 「管理者は 組織の仕組みの 改善も図ろう」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 こんにちは。今日は半ドンでも出勤なさっている方はおいででしょう。


 孫休暇制度が話題になるご時世です。前にも申し上げたことですが<完全週休二日制の実現>は会議の進め方を工夫するなどして労働時間に『原価意識』を持てば実現可能なように思えます。しかし、調べてみると日本のサラリーマンは「団塊の世代」以前から労働時間を減らすことまでしての収入減を好まないようです。そのため<働き方改革>が問われるご時世でも不本意ながら土曜出勤を余儀なくされる方もおいでのことでしょう。


 企業は組織内外共に<生き残りを賭けた>厳しい集団です。年次有給休暇も4月からの新年度を迎えるに当たり令和5年度分には手を付けずとも前年度分に残があっても全て消化する方は少なく、何日かは捨てる人が多いことでしょう。


 昭和時代に親の介護を奥さんに任せ家庭事情を会社へ一切知らせず上場企業のトップになった方がおいででしたがレアケースです。経済面など家庭事情もあり寝たきり両親を老人施設への入所申請ができない場合もあります。したがって、少子高齢化が進展するご時世では親の介護のため退職を余儀なくされる方が少なからずおいででしょう。


 そのようなことから男性社員の育児休暇・介護休暇の<取得率の向上>は、当該社員の家庭事情だけでなく日頃から<職務拡大・職務交替>などによる業務の仕組みづくりを管理者が創意工夫し現要員での「バックアップ体制」作りも必要となります。
 また担当業務によっては空きポストにできずその期間だけ派遣社員を当てることで乗り切る。非正規社員の代替が効かない場合には、欠員を会社大として人事異動で他部署から補充することもあるでしょう。そうすると職場復帰後本人の希望する職種への配置が保証されず結果的に退職を余儀なくされるケースは想定できることです。


 企業規模を問わず余裕ある人員で職場運営が図られていることは考えられず、休暇申請者のスムーズな職場復帰の危惧への対応などの人事(要員)管理上の諸問題があり、国が意図するほど容易には進まないように思えます。


 質はともかく会社から託された限られた要員の活用でご苦労なさっている方々はどのようにお考えになりますか? 


 とにかく上役・下役・ご同役の皆さんは、置かれた立場・役割でまずは心身とも健康に留意しましょう。次に大脳生理学上、人は<外面が内面>を律します。表向きだけでも生き生きさせ頑張ってください。


 では、良い週末を。また来週です。ありがとうございました。



❒ 管理者研修講師『人材教育研究所』 (「部下をパートナーとして 職場目標を達成しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『管理者研修』 (303) 「問題意識の醸成は 自己の能力開発と同じく 習慣化を」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 おはようございます。広範囲に晴れているようですが、この時間帯でも芯から冷えますね。


 さて、ゴーイングコンサーンとしての企業の管理者にはその真骨頂を発揮すべく<需要創造・顧客創造>が求められていることでしょう。御社の経営理念としての『サービスの向上』のスパイラルアップを図るべくマネジメントサイクルを回しに創意工夫されていることと思います。そのためには「問題意識』旺盛な職場風土を醸成することが肝要なことです。


 では「問題意識』とは何でしょう。それは担当業務に関係している問題について、常に深く心を向け関心を持つという「態度」です。また、これを意識的にもつ〝クセ〟を部下にも習慣付けるよう指導することが大切と考えます。


 『問題』はその種類によって一概にはいえないが、普通は部下たちが日常行なっている自分の仕事に対して正しい見方をし、取り組み方をすることによって発見され、さらには<改善>にまでもっていくことが可能です。
 このことは管理者が担当者だった頃自分一人では解決できない問題を同じ職場の仲間たちと研究したり、上司に相談したりして問題解決を図ったことを思い出して頂ければご理解いただけると思います。


 かつての高度成長期の役職者の中には慣習・惰性にドップリ浸かり、改善努力の希薄な人もいたものです。敢えてチャレンジせず、ジッとしていてミスをせず、大過なく過ごせば次のポストが待っている。こうした姿勢では、この混迷の時代を生き抜くことは難しいように思えます。


 問題意識を持たない社員は一体何が要因してそうなったのでしょうか?
 これも一概には言えないが、それは前述した〝慣れる〟ということが一因となっている場合が案外多いように見受けます。


 では、どのような考え方で問題解決を図っていったらよいのでしょうか?
 このことについて非常に役に立つ考え方があります。それは『全てを見よ。そして多くを見逃し、わずかな改善を継続せよ」という言葉です。


 企業規模により一概には言えないものの、あなたはご自分の仕事だけではなく、できれば会社全体の仕事について全てを知ることが必要です。それは自分の仕事との関係を知るために、欠かすことのできないことだからです。
 少なくとも担当業務については、その「全てを知る」必要があります。そうすれば『問題』がどこにあるかということも非常にはっきりしてきます。次に、それらの問題点を評価し<改善>のための本質を見極めるのです。これが『多くを見逃す』ということです。


 次にはその中から本当に重要なことだけを、ほんのわずかで良いのですから、改善し解決していくことです。一度にあれもこれもというのは〝欲張り〟というものでしょう。「労多くして功少なし」とならないよう『パレート(80対20)の法則』に則り、<重点指向>することが肝要なことです。


 社員各自がほんのわずかの改善をすれば、部門全体、会社全体としては大変大きな「成果」を生むことができるのです。しかもこれは時々思い出したようにやっていたのでは、あまり効果はありません。『塵も積もれば山となる』といいます。少しずつでもよいのですからこれを継続しそのことを<習慣化>することです。


 『継続は力なり』という言葉もあります。〝習慣化〟という武器(考え方)は、<仕事の改善>だけでなく、あなたご自身の『能力開発』についても共通していえることではないでしょうか。(タイトルを替え続く)


 では、今年もスギ花粉の時期となりました。季節は間違いなく進行しています。変化への適応力を養いましょう。ありがとうございました。
 


❒ 管理者研修講師『人材教育研究所』 (「部下をパートナーとして 職場目標を達成しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『話し方研修』 (245) 「職場生活で 誤解・曲解・歪曲が 生じるわけ(理由)」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 おはようございます。SNSのご時世「阿吽(あうん)の呼吸」はどの程度生きているのでしょうか?
 では、あなたは話が<聞かれている>とお考えでしょうか。それが普通です。しかし、実際には、話は<見られている>ともいえます。ここに意識を向けないために職場生活では問題を引き起こすことがあります。
 話は「言葉」を使います。この言葉は、聞き手の耳に入ります。つまり、聴覚に訴えることになります。


 ときに、五感をご存知ですね。視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚(〇きゅうかく ×しゅうかく)の五つです。この全体を100%とした場合、一番強い感覚はどれでしょうか。そうです。視覚です。全体の60~70%を占めます。それに対し、聴覚は20%です。ですからよく言いますよね。『百聞は一見に如かず』と。これは、聞いたことがおありでしょう。


 スマホ時代の職場では、メールが普及しており、忙しいあなたにとっては、大変便利なものであり業務遂行上欠かすことができません。しかし、あなたの〝気持ち〟を相手(お客さま)に伝えるとなると苦労することがあります。


 なぜなら、メールは言葉の羅列です。話をする場合、言葉には「音律(音調・語調)」が伴います。その意味で電話は、<誤解・曲解>を少しは防ぐことができます。「少しは」と言う意味は、面と向かって話をしていても、こちらの考えを相手に伝えることが難しいからです。同じことを聞いても、聞き手はそれぞれに受け止め方が違います。聞きたいように聞くからです。ここに<伝える>ことの難しさがあります。


 人間には、「理性」と「感情」があることはこれまでにも申し上げています。ただ、どちらが強いかは個人差があって一概には言えません。「理性的な人」、「感情的な人」、あなたはどちらのタイプでしょう。心理学では、理性は20~30%で、感情は70~80%と言われています。
 つまり、人間は『感情の動物』といわれるゆえんがここにあるわけです。これは、あなただけのことではありません。相手が、お客さまであっても、あなたの上司であっても社長さんであっても同じです。ここに、話すことの難しさがあるのです。


 例えば、あなたの会社に〝非〟がありお客さまから「苦情」の電話を受けたとしましょう。その場合あなたがいくら電話でお詫びしても、なかなか許していただけないことがあります。これは、電話という、聴覚(20%)だけに頼って処理しようとしているからです。


 ですから、このような時は、電話でなんとか済ませてしまおうなどと不精せずに、お客さまのところへ出向き〝誠心誠意〟お詫びすれば許していただけることが期待できるのです。
 何故なら、お客さまも人間です。感情があります。あなたが「口下手」であったとしてもあなたの誠実な<態度>を見てご容赦いただけるのです。


 つまり、あなたの率直に詫びる気持ちが、あなたの「態度」を通して、お客さまの視覚(70~80%)で受け止められるということです。ここに「態度」ということに意識を向ける必要性が出てきます。これは〝家庭〟だけでなく、職場の『人間関係』を考える上でも大変重要なことなのです。さらに申せば写真は部分です。一部を見て全体を判断しないよう気を付けたいものです。
 以上申し上げたことを<頭>だけでなく<心>でご理解いただくことは、「言わない嘘」もあり、容易なこととは考えていません。


 したがって、あなたにはこれまでと同じく、この先「手を変え品を変え」繰り返し申し上げていきます。そのため話しの目的として活舌を良くして綺麗な言葉で流暢にといった事柄は、ブログ開設当初からの対象とはしていません。その方面に関心のある方は、ChatGPTをはじめ生成AIに照会してどのような回答があるかは分かりませんが、著名な先生方の書籍・CD等で自学自習なさって下さい。


 では、日差しはあっても厳寒です。ご自愛ください。ご覧願いありがとうございました。



❒ 話し方研修講師『人材教育研究所』 (「部下をパートナーとして 職場目標を達成しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・