『ブログ 社員教育講師』

皆さんこんにちは!『寺子屋ラッキー』と申します。職場生活で多少なりともお役に立つと思える事柄を、人を中心に申し上げていきます。よろしければお付き合いください。

『社員研修』 (203) 「協力意識を認識し 組織のメリットに寄与しよう」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 こんにちは。


 企業はどんな組織(業種・業態・企業規模)でも、共通した一つの原則があります。その中でも非常に大事なものは組織のメリットを発揮するために「チームワーク」をしっかり組むということです。その会社で働いている人たちが同士的な考え方を持ちチームワークをしっかり組むことによってその企業は発展していくのです。
 仮にチームワークを乱すものがいると職場の業績は下がり時には組織の命取りにならないとも限りません。


 ところが数多い社員の中にはこうしたチークワークの大切さに気付かずそれを乱している人もいるでしょう。こういう社員は身体こそ一人前ですが、精神状態はまだ幼児です。そのため職場の同僚や上司からも敬遠されがちです。 


 <自己中心的な態度>や非社会的な行動は子供の頃は誰でもがとるものです。しかし大人になってからまでそうであるということは大変始末の悪いものです。それは利害打算を計算した上での態度だからです。
 例えば上司から仕事を言い付かってもきちんと実行しない。そのくせ人事考課が悪いと被害者意識を持ちぶつぶつ不平や減らず口を叩く。あるいは反抗的な態度をとったりすることもある。


 同僚とのチームワークにしてもそうです。自分に興味のないときには極端に無関心な態度をとる。時には反対のための反対論をぶちまくって「自己顕示欲」を満たしたりすることもある。そのために他の人たちがどんなに迷惑をしているかなどということは一向にお構いなしという態度をとったりもします。  


 仕事の能力が少々優れていてもチームワークのとれない人は職場ではマイナスです。スタンドプレーをするような人、仲間と協調できないような人も結局はその集団からはつまはじきされてしまうでしょう。
 以下は社員研修の参考としての『男の修行(五戒)』です。作者は前にも申し上げた
山本五十六です。この名言にもある通り、組織人となり定年まで無事勤め上げることを考え合わせると〝しんどい〟ことです。 


 【参 考】 『男の修行(五戒)』


       『苦しいこともあるだろう
        云いたいこともあるだろう
        不満なこともあるだろう
        腹の立つこともあるだろう
        泣きたいこともあるだろう   
        これらをじっとこらえていくのが男の修行である』


  【注記】 👉 男女雇用機会均等法が施行され女性が社会進出している現在は女性も含まれ
       ます。(念のため)


 どうかあなたは仲間に対する協力意識を持ち組織としてのメリットを生かすよう頑張って下さい。ありがとうございました。



❒ 社員研修講師『人材教育研究所』  (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
 向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『社員研修』 (202) 「働き方改革の時代 生存と生活を分ける 職業理念とは」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 こんばんは。前回に続けます。


 私たちの生き方には二通りあります。一つは生存であり、もう一つは生活です。生存とはただ何となく生きている態度です。それに対して生活とは読んで字の如くイキイキと生きることです。働く目的が単に生存するためだけとしたら、それは悲劇です。
 反対に働くことが生き生きと活動的・創造的に生きるための手段であれば、その人は非常に幸せです。


 ところが世間には単に生存しているとしか思えない人もいるように見受けます。こういう人はおそらく所属組織に対する貢献度が高くはないでしょう。生存するだけの意欲しかない人に創造的活動を期待できないからです。「悪貨は良貨を駆逐する」要因ともなりかねません。


 人間は金銭的、物質的な報酬ももちろん必要でありそれを求めています。しかし、世の中には生活を十分に維持できるだけのお金があっても働きたいという人がいます。それは既に申し上げた通り次のような欲求があるからです。


 〇 精神的な充実感を得たい
 〇 健康的な生活を送りたい
 〇 人から認めてもらいたい
 〇 自尊心を満たしたい
 〇 社会に貢献したい(追加)


 などの精神的報酬(欲求)も非常に強く求めているということです。これは生き生きとした生活を送りたい人に共通した心理だと言えましょう。


 イギリスの社会心理学者ジェボンズは「労働はサラリーを得るために止むを得ず耐え忍ぶ肉体的、心理的苦痛である」と言っている。ところがゴーリキーは「仕事が楽しみなら人生は楽園だ。仕事が義務ならこの世は闇だ」と言っている。


 仕事とは賃金を得るためにやむなく働く苦難の場であると考えるか否か。それはその人の自由です。ただ、どちらの考え方が本当に<生きがい>のある生活ができるか、ということはハッキリと答えがでていると思います。あなたはどちらを選びますか。そして、実際は? 


 職業理念は抽象的ではあっても無用ではなく、行動に駆り立てる<パワーの源>です。
 ですからあなたもこうした人間の心理を正しく理解し、『人はパンのみに生きるにあらず』ということを信念として持ち、その<信念>に従って仕事をしたいものです。また、部下・後輩にも同様のことを理解させて頂きたいと思います。
 今回もご覧いただきありがとうございました。では、またです。
 


❒ 社員研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
   向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『社員研修』 (201) 「<生きがい>の目標を明確にして 予期せぬ現象に対処を」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 おはようございます。新人を受け入れた職場があると思いますので少しの間は社員教育の基本に立ち戻り考えてみたいと思います。


 さて、「人はなぜ働くのか?」。こういう質問をするとそれは食うため、生きるためだという答えが返ってきます。どこも「慈善事業」を行っている訳がなく全くその通りです。大方の人が同じでしょう。
 でも、どうなのでしょう? 
 『人はパンのみに生きるにあらず』という言葉もあります。働く目的は生活するための単に収入源だけということでしょうか。


 人間は単に食うため、生きるためという<欲求>だけで働くのではないのです。他にもいろいろな欲求を持っています。あなたご自身、今の仕事をしているのもそれらの欲求を満足させたいということで働いていると思います。たとえば、


  〇 自分の能力を活かしたい


  〇 自分の立てた目標を達成したい


  〇 他の人から認められたい


  〇 仲間と仲良くしていきたい


  〇 高い地位につきたい


 など色々な欲求があると思います。働く目的がただ単に食うため、生きるためだけでしたらそれは悲劇といえるかもしれません。


 古い資料で恐縮ですが、アメリカの社会学者のモースとワイスの二人が1954年にある調査を実施しました。アメリカの全国民を代表するサンプル401人に対して「あなたは生活を充分に維持できるだけのお金があったら働きたくないか、それとも働きたいか?」という質問をしました。


 さらに「もし働きたいとしたら、その理由は何か?」という質問も加えました。すると働きたいと答えた人が全体の80%もいました。その理由として挙げたのは、


  〇 精神的な充実感を得たい


  〇 健康な生活を送りたい


  〇 自尊心を満足させたい


  〇 退屈から逃れたい


  〇 世の中の役に立ちたい


 などでした。これは何もアメリカ人だけの話しではありません。


 私たちが他の動物と違うところはそれ以外にも働くことの意味があるからです。彼らよりももっともっと沢山の欲求を持ち、それを実現することに<生きがい>を感じることができるということです。ですから、私たちもそういうことに<生きがい>を見つけるようにしたいものです。


 日本的経営の三本柱が崩壊し「高年齢者雇用安定法」の成立で非正規雇用率4割が依然として続いている。人件費の見直しが各企業の喫緊の課題となっている先行き不透明なご時世です。冬山遭難の一つに「リングワンデリング現象」がある。猛吹雪の中で『目標』を見失うと無意識の内に同心円を描いて歩き、やがて歩き始めたテント近くに戻り力尽きて倒れる。あなたもこうした現象に陥らないよう<生きがい>を明確にし<生きがい>を再確認し目標を明確にして慎重かつ大胆に行動なさってください。


 あなたもご自身の<生きがい>を再確認し目標を明確にするよう暇を見て考えてみてはいかがでしょう。新年度入りし早々に遊びにおいで願いありがとうございました。



❒ 社員研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
 向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『社員研修』 (200) 「もとより人は群棲動物 一人では生きられない」

ID:8559fx
寺子屋ラッキー


 おはようございます。今年度もお越しいただきありがとうございます。よろしくお願いします。


 人は他人の話しを「聞く」よりも「話す」方が好きな動物だとしてこれまで職場事例を交え申し上げてきました。しかし、人様々です。当人の<性格>あるいは<置かれた環境>にもより一概には言えません。


 アメリカでは孤独な老婦人が謝礼金1$(?)による電話での話し相手を広告で募ったことが書籍に紹介されていた。反応は無かったとも書かれていた。山口県へ出張した折ホテルで夕食後マッサージ師さんから資産家のやもめ暮らしの年配ご婦人が愚痴話を聞いてもらうため便利屋さんを有料で招く人がいると聞いたことがあった。
 これと同じくただ心を開いて話せる相手がいないというだけでSNSでは満たされず、実際には淋しいのではないかと思える方が広い世間にはおいでです。


 例えば、純朴な若者が地方から〝生き馬の目を抜く〟都会へ出てきたものの水が合わぬことから無口となった。そのため「あの人チョット変人じゃない」という決め付け方をされ<損>をしているケースも数は少ないもののあることでしょう。


 「ナニッ? 絶交だって⁉ 何だよ藪から棒に。絶交、結構、それもいいだろう。これまでだ。じゃーアバヨ ‼」と、『自由選択的人間関係』なら男女間も含めあったとしても、<強制的人間関係>の職場となるとそうは容易(たやす)くいかないように思えます。


 それでも世間には「俺(あたし)は、孤独を愛するタイプでね。話すのは煩わしいし嫌いだネ」とか、「あたしは一人でいたいの。ほっといてよ!」いう人も昔からいるようです。
 ですが、果たして〝本心〟なのでしょうか? 夜寝る時になって布団を頭からスッポリかぶりシクシク・オイオイ泣いていた人もいたことでしょう。 


 フランスの小説家バルザックは「孤独はいいもんだ」と言っている。それでも直ぐに「けれどもまた『孤独はいいもんだ』と話し合える<相手>がいることは〝もっといいこと〟だ」とも付け加えている。


 その点アフターコロナ禍のご時世であっても、とかく人は群れたがるのはおそらく諸外国でも同じでしょう。殊に日本人は、仲間を「村八分」にしても二分は救う機会(敗者復活)を与える義理を重視し人情に厚い国民性の民族です。オンライン職場のあなたの周囲ではいかがでしょう? 


 ときに医療技術の革新で世界一の速さで超高齢化社会が進展しています。ネットの訃報を見ていると男性はそろそろスピードダウンしてくるように思えます。そうした中で厚労省試算によりますと、2025年の来年からは65歳以上の高齢者の2割が認知症を危惧される時代です。


 約半世紀前の有吉佐和子著のベストセラー小説『恍惚の人』(森繫久彌主演)あるいは映画『花いちもんめ』(千秋実主演)に出てくる主人公と同様になっては、分からなくなる本人(男女共)は良しとしても一人では生きていけません。
 世話する家族が困るでしょう。だからと言って限られた施設へ入所しお世話になるには費用がかかります。「いやーですね~」では、問題は解決しません。


 核家族化で長男・長女が結婚する時代です。子供がいない場合の面倒は誰が見ることになるのでしょう。
 因みに民法877条1項は、「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある」と定めています。これが「自分(成人を前提)の親及び兄弟姉妹に対する扶養義務」の根拠規定になりますが、努力規定です。どの程度期待できるのでしょう。


 ともかく家庭事情で主夫あるいは主婦と立場が異なっても配偶者同士は幾つになってもお互い労(いた)わる仲でありたいものです。
 併せて悔いのない人生を送るためには『年金制度』も含め<世代間扶養>の在り方を時間ができた時にでも考えてみてはいかがでしょう。


 では、気持ちも新たに前進あるのみ。今年度も大いに頑張ってください。
 👉 出発進行ヨーソロー 。



❒ 社員研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
 向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『社員研修』 (199) 「学校では学べない ビジネス基本行動(命令・指示の受け方)」

【2023年11月27日18時39分  投稿分】                          
                   ◆ 書庫変更 再投稿
ID:8559fx
寺子屋ラッキー


✡(部下・後輩指導のヒント):『命令・指示の受け方』


 中卒を始めとする『期待と不安』を抱いたフレッシュパーソンを受け入れる時期となりました。標記について、以下ご参考までに。


 1.家庭では『立つより返事』と躾られたものですが、両親が高学歴化した現在はどう
  なのでしょう? 
   上司の注意がパワハラと取られるのは「言い方」に問題があるように思えます。とも
  かく部下の指導は「上司の責任」です。部下育成上からも注意すべきことは言う必要が
  あるでしょう。 


   上司から名前を呼ばれたら、若々しい行動力を示して下さい。明るい笑顔で元気良
  く、「はいッ⤴」と気持ちの良い返事をします。直ぐに、メモ用紙と筆記具を持って
  「お呼びでしょうか」と上司の席へ行きます。 


   ここで注意すべきは、「返事がないのも返事」と受け止められることです。騒々しい
  職場では、蚊の鳴くような小さな声でヌーッと立っては〝ヤル気〟が感じられず、上司
  に誤解を与えることもあるでしょう。


   学校では友人だけでなく生活指導に当たる教師も「注意」してくれません。また、家
  庭生活では見過ごされても職場では通りません。問題を引き起こすことは実際あり、先
  月もネットニュースに掲載されていました。試しに「実験」してみれば分かること
  です。もし分からないとすれば「鈍感」な性格と見られることもあるでしょう。
   ストレス対策としての「認知行動療法」を学ぶ以前のことです。
  
 2.メモをとる習慣をつけましょう(特に、数字・日付・固有名詞など)。そのために
  は、メモや筆記具を常に身辺に用意しておきましょう。
  
 3.指示・命令は、とりあえず最後まで聞き、話の途中で口を挟まないことです。上
  司の話が一段落したところで、疑問点は質問し、要点を復唱して確認しましょう。


 4.分からないことは、分かるまで徹底的に聞きましょう。曖昧にして、いい加減にし
  たままにしないことです。


 5.確認する時は、次の八つのポイントでチェックしましょう。これは、あなたが企
  画書(計画書)を作成する時にも必要なことです。


   ○ どういう理由で(目的・意義)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・WHY


   ○ 何をするのか(仕事の内容)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・WHAT


   ○ 誰とするのか(自分だけか)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・WHO


   ○ どこでするのか(場所)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・WHERE


   ○ いつまでにやり遂げるのか(期日・時間)・・・・・・・・・・・・・・WHEN


   ○ どのようにするのか(処理方法)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・HOW


   ○ いくら(どれくらいで=予算)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・How much


   ○ どれくらい(どれくらいの量)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・How many


   ※ 場合によっては、Whom(誰に、誰を)を加える必要もあるでしょう。


 6.急いでしなければならない仕事がある時に、別の急ぎの仕事を頼まれることがあり
  ます。そのような場合は、ただ〝できません〟ではなく、どちらを先にやればよいの
  かを上司に「相談」してみましょう。上司も多くの部下・仕事を抱えていて忙しいの
  で、あなたに既に指示したことを忘れている場合も考えられます。


 7.自分の能力・時間・内容を考え合わせ、安請け合いしないことも大事です。この場
  合も上司とよく「相談」しましょう。


 8.他部門の管理者からの業務依頼は、直属上司の了解を得てから行動しましょう。仕
  事の指示・命令は、原則直属上司から受けるものです。これを、「指示系統の統一」
  と言い組織運営上大切なことなのです。分かりやすく言えば、職場では「ワンマン・
  ワンボス」と心得ておいて下さい。


 9.仕事をする時は、どうせするのですから、気持ち良くしましょう。嫌々するのは、
  「退歩の始まり」です。


 10.仕事は<緊急度>・<重要性>を常に頭におき、『優先順位』をつけて実施すること
  が大切です。そして、仕事の「期日」は厳守(納期を守る)しましょう。ここに「時間
  管理」の必要性があります。また、期日までに出来上がらないと思えた時は、早めに上
  司へ「相談」しましょう。                        


  今回は以上です。ありがとうございました。



❒ 社員研修講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に
 向かって挑戦しよう ‼」)
マネジメント - ブログ村ハッシュタグ
#マネジメント

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・