社員教育『期待される管理者』

皆さんこんにちは!『寺子屋ラッキー』と申します。職場生活で多少なりともお役に立つと思える事柄を、人を中心に申し上げていきます。よろしければお付き合いください。

『社員教育』 (78) 「失敗しても却って信用される 報告の仕方」

ID:8559fx


 おはようございます。サブタイトルについてこれまでを振り返り、以下箇条書きします。


1.先ずは報告し、上司の判断を仰ぎましょう。
  誰の失敗も外部からみれば会社の失敗ということになります。また、上司からみれば 
 部下の失敗は、結果的には上司の責任でもあります。「叱られては?」と消極的姿勢にな
 り、かつ評価が下がることを恐れていては、あなたの信用を落とすだけです。
  『便りがないのは良い便り』はあくまでプライベート面で許されたとしても、「悪い報
 告」ほど早くがビジネス現場の『原則』です。


  従って、「事実」を歪曲せず正確に報告しましょう。大事なことなので繰り返します
 が、隠したり嘘をついたりしてはいけません。
  コンプライアンスが重視される時代、過去を見るとそのため却って問題が大きくなり収
 拾がつかなくなることがあるからです。


2.人間ですから、失敗は当然誰にもあることです。
  失敗は組織と同じく、活動しなければ発生しません。失敗は「成長への授業料」とも言
 われます。同じ失敗を二度・三度と繰り返さないように気を付けましょう。
  ここで強調したいことはケアレスミスは別として、必ず現状を分析しそれは何故生じた
 かの原因を追求し、手を打つことが殊のほか肝要なことです。


3.自信を失わないようにしましょう。
  一度の失敗で自信を失ってはいけません。仕事への取組み姿勢が消極的にならないよう
 ず、失敗は、「成長への踏み台」だと前向きに考え、周囲に迷惑をかけたことを、他の面
 で取り戻すよう努力しましょう。


4.言い逃れのため責任を他人に転嫁しないようにしましょう。
  失敗をして他人のせいにするのは卑怯であり、職業人としては失格です。「仲間が協力
 してくれなかったので・・・」と他人を責める前に、どうして協力してもらえなかったか
 について、自問自答して見る態度が組織人としては大切な姿勢です。


 暦上では冬至が過ぎ一歩ずつ春に向かい始めたとは言え、この先寒さ本番が待ち構えています。家庭でも仕事と同じく早め早めに手を打ちましょう。ありがとうございました。



❒ 社員教育講師『人材教育研究所』 (「過去と未来は『鉄の扉』。変えられる未来に向かって挑戦しよう ‼ 」)